レビュー
» 2015年02月10日 13時30分 UPDATE

これは確かに作るのが大変そうだ:緊急フォトレビュー! 「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」の天板“編み込み柄”をチェックする (1/2)

限定500台しか作らないという日本だけのプレミアムなモデルが、米沢の地で現在鋭意生産中だ。その詳細な姿を、テスト生産の機材を使って紹介する。

[長浜和也,ITmedia]

即日で500台の枠が埋まった超人気モデルの実機に迫る

 レノボ・ジャパンが、米沢工場におけるThinkPad生産開始を記念して1月14日に発表した「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」は、限定500台というレアなモデルとして多くの関係者が注目した。1月14日からレノボ・ショッピングの専用Webページで始まった先行優先予約もその日のうちに枠が埋まり、キャンセル待ちが多数いる状態とレノボ・ジャパンの関係者はいう。

kn_tpx1_jle_01.jpg 発表と同時に多くのThinkPadフリークが注目し、優先先行予約も即日で枠が埋まった「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」

 NECパーソナルコンピュータ米沢工場でThinkPadシリーズの生産開始を記念して登場するThinkPad X1 Carbon Japan Limited Editionは、そのまま、米沢工場が最初に生産する商用モデルになる。システム構成や本体に搭載するインタフェースなどは、2015年春モデルとして登場したThinkPad X1 Carbonと同等だ。

 OSは、Windows 8.1 Proを導入し、CPUには、第5世代Coreプロセッサー・ファミリーのCore i7-5500U(2.4GHz/最大3GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ 4Mバイト)を搭載する。システムメモリは8Gバイト、データストレージはPCI Express接続のSSD(容量512Gバイト)を採用する。

 ディスプレイサイズは14型で解像度は2560×1440ピクセル。タッチ式でIPSパネルを組み込む。無線LANモジュールはIntel Dual Band Wireless-AC 7265を搭載してIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できる。

kn_tpx1_jle_02.jpg 14型ディスプレイの解像度は2560×1440ピクセル。タッチ操作に対応する。

kn_tpx1_jle_03.jpg キーボードは2015年春モデルのThinkPad X1 Carbonで“復活”した6段配列キーボードと左と右、中央で独立したクリックボタンを採用する

kn_tpx1_jle_04.jpg ディスプレイは最大で180度開く

kn_tpx1_jle_05.jpg 前面にはインタフェースを用意しない

kn_tpx1_jle_06.jpg 背面

kn_tpx1_jle_07.jpg 左側面には、電源コネクタとHDMI、Mini DisplayPort、USB 3.0、ヘッドセット端子を備える

kn_tpx1_jle_08.jpg 右側面には、USB 3.0と有線AN拡張コネクタを搭載する



       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.