レビュー
» 2015年03月06日 00時00分 UPDATE

マルチOS対応モバイルキーボード:iPad用キーボードの有力候補か? 「Universal Mobile Keyboard」発売記念レビュー (1/2)

日本マイクロソフトが3月6日から販売するタブレット向けモバイルキーボード「Universal Mobile Keyboard」を試用してみた。

[ITmedia]
ココが「○」
・Windows/Android/iOSをスイッチで切り替え
・ラバー仕上げの外装で上質なデザイン
・キーピッチ/ストロークはまずまず
ココが「×」
・モバイルキーボードとしてはやや重い
・ファンクションキーが欲しかった

 日本マイクロソフトの「Universal Mobile Keyboard」がいよいよ本日、3月6日に発売される。

 すでに北米では発売済みの製品だが、国内販売されるモデルは65キーではなく日本語68キー。タブレットやファブレット用として手軽に使えるモバイルキーボードを探している人の中には、同製品に注目していた方も多いだろう。

og_umk_001.jpg マルチOS対応Bluetoothキーボード「Universal Mobile Keyboard」

og_umk_002.jpg グレーのモデルを試用してみた

 Universal Mobile Keyboardの概要を説明すると、同製品は“マルチOS”対応をうたうBluetooth接続のキーボードで、本体右奥にWindows/Android/iPad、iPhoneと印字されたスライドスイッチを備え、ロゴごとにそれぞれ1台ずつデバイスをペアリングできるのが特徴だ。簡単に言えば、Windows搭載タブレットでオフィス文書を作成しているときに、iPhoneでキー入力したくなっても、スイッチを切り替えるだけでiPhone用キーボードに変わるのでペアリングをし直す手間がない。

 また、Android/iOSに接続したキーボードは英字配列として認識されてしまうが、この場合はグレーの丸で囲まれた英字配列の刻印が適用されるため、見た目通りに入力できるのもポイントだ。

og_umk_003.jpg 日本語配列の68キーを搭載。iOS/Android用に英字配列の印字(グレーの丸で囲まれた部分)もある。マイクロソフト製キーボードながら、HomeロゴやCmdキーがある一方、Windowsキーがないのがユニーク。半角/全角キーがないため、日本語入力の切り替えはスペース両脇に並ぶ「英数」と「カタカナ/ひらがな/ローマ字」(iOSの場合はCmdキー+スペースも機能する)を使う

og_umk_004.jpgog_umk_005.jpg キーボードカバーの溝に厚さ10ミリまでのタブレットを立てかけて利用できる。溝の内側にくぼみがあるため、画面の角度を2段階で調整可能。ただし、厚みのあるタブレットだとくぼみにはまらないので、角度調整はできない場合がある

 ちなみに、スイッチに書かれたOS以外のデバイスをペアリングすることもできる(つまり、Windowsロゴの場所にiPhone、AndroidロゴにiPadなど)。ただしこの場合、スイッチごとにキーバインドが変更されているため、一部のキーが使えなくなる点に注意したい。

 OS切り替えスイッチごとに挙動を変えるのは、Home、Alt、左Ctrl、Esc、Cmd、Fnキーなどで、例えば、WindowsタブレットをWindowsスイッチで、iPadをiOSスイッチでペアリングした場合、HomeボタンはそれぞれWindowsならWindowsキー、iOSならHomeボタンとして機能するが、スイッチ位置と接続デバイスのOSが対応していない場合はHomeキーが利用できなくなる。

 また、日本語入力は半角/全角キーの代わりに、スペース両脇の英数キーとカタカナ/ひらがな/ローマ字キーで切り替える仕様になっているが、OSとスイッチが対応していない場合はこれらのキーもきかなくなる(iOSはCmd+スペースの言語切り替えも無効になるが、Fn+スペースで切り替えは可能)。所持しているデバイスがすべてiOSだけ、という状況でもない限り、スイッチに対応したデバイスをペアリングするほうが混乱が少ない。

og_umk_006.jpgog_umk_007.jpg スイッチのロゴでキーバインドが一部変更されるため、対応するOSを搭載したデバイスをペアリングするほうが混乱がない。カバーを開いたり、スイッチを切り替えれば自動的にペアリングを開始するが、電源ボタンの長押しでも再ペアリングが可能

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-