ニュース
» 2015年05月27日 11時00分 UPDATE

2015年PC夏モデル:新デザインボディを大幅導入した日本HP個人向けデスクトップPCが登場 (1/2)

多くのシリーズでボディデザインを一新。同時発表のディスプレイでは“テクニカラー認証基準”をクリアしたモデルが登場する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、5月27日に個人向けデスクトップPCの2015年夏モデルを発表した。登場するのは、「HP ENVY 750-080jp/CT」「HP ENVY 750-070jp/CT」「HP Pavilion 550-040jp/CT」「HP Slimline 450-020jp/CT」「HP Pavilion 23-q080jp」「HP Pavilion 23-q060jp」だ。

ボディデザインを一新した「HP ENVY 750」

 HP ENVY 750は、ミニタワータイプのデスクトップPCだ。ラインアップに「HP ENVY 750-080jp/CT」「HP ENVY 750-070jp/CT」を用意する。オンラインショップHP Directplusの販売開始は5月27日午後からで、HP Directplus価格は税別でHP ENVY 750-080jp/CTが8万9800円から、HP ENVY 750-070jp/CTが7万9800円から。

kn_hpnewdt_01.jpg HP ENVY 750

 ボディデザインを一新し、従来のモデルで内蔵していた5インチドライブベイ2基を廃止して内部のエアフローを改善したほか、これまで2カ所に分散していた排気口を集約して開口部分を約150%大型化した。天面にはメディアカードリーダやUSBなど日常的に使うインタフェースをまとめて配置し、フロントパネルにはヘアライン加工を施したアルミニウムパネルを採用している。また、サウンド設計ではBang & Olufsenが監修した技術を導入した。

 システムメモリ、ストレージ、無線LANなどハードウェア構成は春モデルと共通する。夏モデルラインアップでは、上位機種の080jp/CTでグラフィックススカードのGPU選択肢にGeForce GTX 960とGeForce GT 730が追加になったほか、拡張ドライブベイが3.5インチベイ4基とウルトラスリムベイを備えた。これに伴い、内蔵ドライブもウルトラスリム対応のDVDスーパーマルチドライブ、または、Blu-ray Discドライブとなった。下位機種の070jp/CTも、ほぼ同様だが、CPUの選択で、Core i7-4790K(4GHz/最大4.4GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュメモリ8Mバイト)が加わった。OSは080jp/CTが64ビット版Windows 8.1 Update、または、8.1 Pro Updateで、070jp/CTは64ビット版Windows 7 Professionalを導入する。

ドットパターン&メタルコーティングデザイン採用の「HP Pavilion 550」

 HP Pavilion 550はミニタワータイプのデスクトップPCだ。夏モデルで登場するのは「HP Pavilion 550-040jp/CT」で、出荷開始は5月27日でHP Directplusの税別価格は5万9800円だ。

kn_hpnewdt_02.jpg HP Pavilion 550

 こちらも、従来モデルからボディデザインを一新したほか、データストレージの拡張オプションを強化している。また、サウンド関連機能はHP ENVY 750と同じく、Bang & Olufsen監修技術を導入した。3.5インチドライブベイは従来の1基から2基に増え、中央の縦ラインを強調した新デザインと細かいドットテクスチャーにメタルコーティングを施したフロントパネルを採用している。

 ハードウェア構成では。CPUでミドルレンジとバリュークラスの選択肢をCore i3-4170(3.7GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ3Mバイト)とCore i5-4590(3.3GHz/最大3.7GHz、4コア4スレッド、3次キャッシュメモリ6Mバイト)に変更し、増設用ストレージとして容量1〜3TバイトのHDDを追加できるようになった。OSは64ビット版Windows 8.1 Update、または、8.1 Pro Updateを導入する。

省電力タイプのCPUに変更した「HP Slimline 450

 HP Slimline 450は、幅10センチのスリムタワータイプPCだ。夏モデルで登場するのは「HP Slimline 450-020jp/CT」で、出荷開始は5月27日の午後から。HP Directplusの税別価格は4万9800円だ。

kn_hpnewdt_03.jpg HP Slimline 450

 ボディデザインが従来モデルから変更になり、光沢のあるピアノブラック塗装の上に細かいドットテクスチャを重ねている。また、USBやヘッドフォン端子、メディアカードスロットなど使用機会が多いインタフェースを前面に配置した。内蔵ドライブはスリムタイプに変更している。

 システム構成では、CPUの選択肢でCore i7シリーズとCore i5シリーズをこれまでのTDP84ワットタイプからTDP45ワットタイプのCore i7-4790T(2.7GHz/最大3.9GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュメモリ8Mバイト)とTDP35ワットタイプのCore i5-4590T(2GHz/最大3GHz、4コア4スレッド、3次キャッシュメモリ6Mバイト)に変更した。これに伴い、電源ユニットの容量は180ワットに下げて、省電力化を図っている。また、グラフィックスではGPUの選択肢にGeForce GT 710を追加した。OSは64ビット版Windows 8.1 Update、または、8.1 Pro Updateを導入する。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.