ニュース
» 2015年07月27日 18時00分 UPDATE

メーカー別のサポート情報:「Windows 10」無料アップグレード対応PCまとめ (1/2)

今使っているPC/タブレットに「Windows 10」をインストールしても問題ない?

[ITmedia]

各メーカーのWindows 10動作確認製品(2015年7月27日15時現在)

 7月29日に一般公開される「Windows 10」は、Windows 7(SP1)/Windows 8.1 Update搭載のPC/タブレットならば、無料でアップグレードが可能だ(公開から1年以内にアップグレードしない場合は有料)。

Windows 10 「Windows 10」のアップグレードは7月29日から1年間、Windows 7(SP1)/Windows 8.1 Update搭載のPC/タブレットに対して無料で提供される

 これら対象OSにWindows Updateで追加された「Get Windows 10」アプリから無料アップグレードを予約しておくことで、7月29日以降にWindows 10のアップグレード用ファイルが自動でダウンロードされ、インストールの準備が整った段階でアップグレードのスケジュール設定を促すポップアップが表示されるという。

Windows 10 「Get Windows 10」アプリやWindows UpdateからWindows 10の無料アップグレードを予約しておけば、早期にWindows 10を入手できる(Windows 10への無料アップグレードは予約をしなければ、自動で行われるわけではない)

 ただし、Windows 7(SP1)/Windows 8.1 Update搭載モデルであっても、デバイスドライバやファームウェアの対応状況、搭載するアプリケーションの互換性、各種機能のサポート状況などによっては、正常にアップグレードできない場合がある。特にメーカー製PCなどで独自のハードウェアやソフトウェアを搭載しているならば、事前に対応状況を確認しておきたいところだ。

 ここでは各メーカーが発表しているWindows 10アップグレード動作確認対象製品の情報をまとめた。メーカーによって、どの時期に発売された機種まで動作確認を行っているかは異なるが、それぞれサポート情報を順次公開している状況だ。

 メーカー動作確認対象外の製品については、Windows 10に対応するデバイスドライバやソフトウェアのアップデートが提供されない可能性もあるので注意したい。Windows 10へのアップグレード前には、必ずデータのバックアップおよび出荷時状態に戻せるリカバリディスクの作成を行い、もしもの不具合に備えておきたい。

国内PCメーカー(50音順)

NECパーソナルコンピュータ

 2013年5月以降発表のLaVie(LAVIE)、LaVie Tab W(LAVIE Tab W)、VALUESTARが対象製品(PC-TW710M1S、PC-TW710M2S、PC-TW508BASは対象外)。2013年4月以前に発表したLaVie、VALUESTARは対象外となる。

東芝

 2014年5月発表以降の製品が対象(2013年7月発表以降の製品もサポート対象とする予定で確認作業を進めているとのこと)。対象製品はdynabook D、REGZA PC、T、EX、BX、B、AX、P、KIRA、R、N、Sの各シリーズ、東芝ダイレクトモデルのdynabook DB/D、REGZA PC、TB、BB、AB、Satellite、P、KIRA、R、NB/N、tab Sの各シリーズ。

VAIO

 2014年7月1日に発足したVAIO新会社のVAIOシリーズは、販売中のすべてのモデルが対象となる。機種別のサポート情報は後日公開予定だ。32ビット版Windows 7の場合、Windows 8.1のリカバリメディアを使用し、Windows 8.1にリカバリしてからアップグレードを行う必要がある。

ソニー(VAIO旧モデル)

 ソニー時代のVAIO旧モデルについては、2015年8月にWindows 7(SP1)/8/8.1プリインストールモデルの簡易動作確認情報を公開予定。アップグレード方法、ドライバ、ユーティリティの提供については、Windows 8モデルが2015年10月、Windows 8.1モデルが2015年11月の予定だ。これらはWindows 7(SP1)用に提供されない。

 対象製品はWindows 8モデルがDuo 11/13、E11/14/15/17、Fit 13/14/15、Tap 20、L24、Pro 11/13、S13/15、T11、Tap 11、T13/T14/T15、Tap 21、Windows 8.1モデルがDuo 13、Fit 11/13/14/15、Pro 11/13、Tap 11/21。

パナソニック

 2013年6月以降に発売のLet'snote、TOUGHBOOK、TOUGHPADが対象、2013年5月以前に発売の製品は対象外だ。対象製品はLet'snoteがCF-RZ4、MX4、SX4、LX4、NX4、MX3、SX3、LX3、AX3、TOUGHBOOKがCF-19Z、314、C2C、TOUGHPADはFZ-G1F、M1A、M1C、TOUGHPAD 4KはUT-MB5、MA6。

富士通

 ESPRIMOシリーズは2012年10月発売以降のFH/DH、2013年2月発表以降のEH、2013年10月発表以降のWH、LIFEBOOKシリーズは2012年10月発表以降のAH/CH/SH、2013年2月発表以降のUH、2014年1月・2月発表以降のTH、2015年1月発表以降のGH、ARROWS Tab/STYLISTICは2012年10月発表以降のQHが対象製品。

海外PCメーカー(50音順)

ASUS JAPAN

 TransBook T300 ChiやZenBookなど2015年夏モデルが対象製品。過去の製品について動作確認状況は未発表だ。

デル

 Windows 10のリリースに合わせて情報を提供する予定。現時点で対象製品は未発表。

日本エイサー

 準備が整い次第、対象製品のリストを発表する予定。

日本ヒューレット・パッカード

 米国では2015年モデルの全製品が対象だが、国内モデルの対応状況は未発表。参考までに米国の対象製品は、Pavilion x360、Spectre x360、Pavilion、ENVY、OME、EliteBook 1020 Folio、EliteDesk 800 Desktop Mini PC、HP Elite x2 1011 G1、HP ZBook 14/15u。

レノボ・ジャパン

 2015年7月以前に発売された製品の対応状況を公開。デスクトップのLenovo、IdeaCentre、Erazer、ThinkCentre、ノート/タブレットのLenovo、IdeaPad、Erazer、ThinkPad、ワークステーションのThinkStationが対象だ。Windows 8.1搭載機が中心だが、多くのWindows 7(SP1)搭載機も対象に含まれる(Haswell/Broadwell搭載の32ビットOS構成は非対象など制限事項あり)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.