連載
» 2015年08月27日 09時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「Windows 10 TH2」も「Surface Pro 4」も今秋登場する? (1/2)

公開されてから1カ月が過ぎようとしている「Windows 10」。今秋には早くもメジャーアップデートが提供されるかもしれない。同時期に投入される見込みのハードウェア新モデルにも注目だ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 「Windows 10」が一般公開されてから約1カ月が過ぎようとしているが、アップグレードを希望していたユーザーにはほぼ行き渡り、新OSにもそろそろ慣れ始めてきた頃ではないだろうか。

 もっとも、「Windows as a Service」を掲げるWindows 10の動きは止まらない。Windows Insider Programの参加者には既に次期メジャーアップデート候補の配布が始まっているほか、「Surface Pro 4」とみられる新ハードウェアのウワサも出てきており、今秋は再びWindows関連の話題で盛り上がりそうだ。

迫る次のメジャーアップデート「Windows 10 TH2」

 米国時間で8月18日にWindows Insider Program(Windowsの最新プレビュー版を一般公開前に試用し、開発側へフィードバックすることで製品改善に役立てるプログラム)参加者向けに「Build 10525」の提供が開始された。7月29日に一般公開されたWindows 10の正式版「Build 10240」からビルド番号がかなり進んでいる。

 速報記事でもリポートしているが、Windows 10 Insider Previewで「Fast Ring」に設定しているユーザーは、Windows UpdateでBuild 10525を適用可能だ。例によって再起動で初期セットアップ画面が表示された後に、Build 10525状態のWindows 10が利用できるようになる。

tm_1408_win10J_7_01.jpg 「Build 10525」に更新した直後のデスクトップ画面。画面右下に「評価コピー」の表記が復活しているのと、バージョン情報の確認で「ライセンス認証済み」となっていることが分かる

 同ビルドでは、スタート、タスクバー、アクションセンターなどの配色を壁紙に合わせて変更できるようになった。また、メモリマネージャーが改良され、プロセス当たりのメモリ使用量を削減し、一度により多くのアプリケーションを保持可能になったという。

 なお、同ビルドではモバイルホットスポットが利用できない(IPを取得できずインターネットが利用不可)、ストアから映画&テレビアプリを更新すると、動画再生の問題を修正する必要があるなど、既知の問題も報告されている。

tm_1408_win10J_7_02.jpg スタート、タスクバー、アクションセンターなどの配色を壁紙に合わせて変更できるようになった。同設定はデフォルトでオフになっているが、個人設定からオンにできる

 ここからは、別の視点でBuild 10525の意味を考えてみたい。以前のリポートでも触れたように、Windows 10のアップデートには、機能の追加を含むメジャーアップデートの「TH」(Windows 10の開発コード名である「Threshold」を省略したものと思われる)と、THがリリースされるまでの間を埋めるマイナーアップデートの「SR」(Service Release)の2種類が現時点で存在している。

 SRは「Cumulative Update(累積的アップデート)」の形でユーザーに提供されるが、次のTHがユーザーの元へと配信されるまでの間(数カ月〜半年程度だと考えられる)、このSRによってセキュリティ対策やバグ修正が適時行われる。SRの配信頻度は数週間に1回程度とみられ、8月中旬時点では7月29日のWindows 10一般公開から「Cumulative Update」が2回配信されている。

 Windows 10では年に2〜3回程度、比較的大きなアップデートが一般ユーザーに配信されるという「最新化モデル(CB:Current Branch)」が採用されている。このアップデートは前述した「TH」の名称が付与されており、7月29日に配信された正式版のBuild 10240が「TH1」であり、今後2〜3カ月に配信される次の大きなアップデートが「TH2」になるとみられる。

tm_1408_win10J_7_03.jpg Windows 10のOSアップデートは、複数あるブランチ(グループ)に対し、Windows Updateを通じて段階的に最新ビルドの提供を行う。一般向けの「最新化モデル(CB:Current Branch)」では、Windows Insider Programでの早期テストの後、常に最新の機能がいち早く提供される。企業向けはCBB、LTSBといったアップデート提供モデルとなる

 この一般ユーザー向けのTH配信に先駆けて、Windows Insider Program参加者には最新ビルドが配信される。この最新ビルドがそのまま“次のTH”になるとは限らないが、少なくともTHの候補となるビルドではある。Windows Insider Programでのテスト後に問題がないようであれば、そのままCBにおける“次のTH”として一般ユーザーへの配信されるのだろう。

 今回、Windows Insider Program参加者(Fast Ring設定)に配信されたBuild 10525には「th2_release Professional 10525」の名称が付与されており、少なくとも「TH2」のリリース候補であることは間違いないようだ。

tm_1408_win10J_7_04.jpg Windows Updateの画面で、Build 10525は「th2_release Professional 10525」という表記になっている点に注目だ

 筆者の予想だが、Build 10525がそのままTH2としてCB向けに配信されることはなく、恐らくあと1〜2回ほどブラッシュアップしてWindows Insider Programでのテストが行われた後、その最後のビルドがTH2としてCBに配布されると考える。

 この“次のTH”を決めるテストは8月末〜10月初旬頃まで続き、CB向けのTH2配信は10月中旬以降というのが、筆者が現時点で予想する今後のスケジュールだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.