ニュース
» 2015年10月06日 11時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット秋冬モデル:富士通、実売17万円前後の23型オールインワンPC――「FMV ESPRIMO FH」

23型ワイド液晶を搭載した「FH」シリーズの2015年秋冬モデルは、付属キーボードの改良とATOK標準搭載がポイント。

[ITmedia]

 富士通は10月6日、2015年PC秋冬モデルとして、液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH」シリーズを発表、10月16日より発売する。実売予想価格は17万円前後。

og_fh_001.jpg FMV ESPRIMO FH52/W

 23型ワイド液晶ディスプレイを搭載するオールインワンモデルでは、3Dカメラを内蔵する「WH」シリーズを先行発表しているが、FHはタッチ非対応の液晶一体型モデル。ラインアップは「FH52/W」の1モデルのみで、テレビチューナーを内蔵する上位機の「FH77/UD」は現行機種の継続販売となる。

 秋冬モデルでは、付属のワイヤレスキーボードがキーの場所で押下圧を3段階に調整した新型の採用と、日本語変換にATOKを標準搭載した点。本体デザインや基本スペックは旧モデルを引き継ぐマイナーチェンジだ。なお、ハイレゾ対応のパイオニア製スピーカーは従来通り内蔵している。

 基本スペックは、CPUがCeleron 2950M(2GHz)、4Gバイトメモリ(PC3L-12800)、1TバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブ。ネットワーク機能として、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANとBluetooth v4.0、ギガビットLANを搭載。本体サイズは544(幅)×158(奥行き)×418(高さ)ミリ、重量は約6.9キロ。OSは64ビット版Windows 10 Home。

 なお、富士通のWeb直販「WEB MART」専売のカスタムメイドモデル「WF1/U」では、ノングレア液晶や最大16Gバイトメモリ/最大3TバイトHDDなどを選択できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.