連載
» 2015年10月28日 16時00分 UPDATE

Chromeのツボ:Chromeの「タブ複製」を使いこなせると意外に便利

[ITmedia]

 Webブラウズをしていると、今開いているタブの内容を残したまま、次のページに進みたいことがあります。通常は新しいタブで次のページを開けばいいのですが、1つのタブ内でページが切り替わる構造のページも少なくありません。そうした場合、「Chrome」は開いているページを丸々複製できて便利です。

 方法は簡単。タブを右クリックして「タブを複製」を選ぶだけです。これで、元となるページと全く同じページを新しいタブで立ち上げることができます。複製元で入力した住所や名前などフォームの内容も引き継がれるため、一方通行で先に進んでいく登録フォームなどのバックアップ代わりとしても役立つ機能です。

 また、「Alt+D+Enter」のショートカットキーを使えば、タブの複製が瞬時に行えます。覚えておくと、より効率よくタブブラウズできるでしょう。ただし、このショートカットキーを使うと、フォームに入力した内容は複製先に反映されません(メニューから選択しても、複製先に入力した内容が反映されないページもあります)。

 なお余談ですが、このショートカットキーはInternet ExplorerやFirefoxでも利用できます。

Chromeのタブ複製 タブを右クリックして「タブを複製」を選ぶと……
Chromeのタブ複製 このように全く同じタブが複製されます。入力フォームに記入した内容もコピーされている点に注目です

バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.