ニュース
» 2015年12月10日 20時00分 UPDATE

カンタンPadの衝撃再び:ドンキが発売する1万9800円の「ワリキリPC」とは?

ドン・キホーテから、最小限の機能に割り切って、価格を1万9800(税別)に抑えた小型PCが登場した。その名も「ワリキリPC」だ。

[ITmedia]

 かつて激安タブレット「カンタンPad」「カンタンPad2」で注目されたドン・キホーテが、今度はPCを投入してきた。同社は12月10日、プライベートブランド「情熱価格」の新製品として、小型PC「ワリキリPC」を発表。12月11日に全国のドン・キホーテグループ(一部店舗を除く)で発売する。価格は1万9800円(税別、以下同)だ。

ワリキリPC 「ワリキリPC」

 同社によれば、ワリキリPCは名前の通り、必要最小限の機能とアクセサリに特化したことで低価格を実現したPCという。Windows 10 Homeを搭載し、Webブラウズやメール、文書作成(KINGSOFT Office搭載)といったPCの基本的な用途を想定している。別途外付けディスプレイ、キーボード、マウスを必要とする小型デスクトップPCだが、約13時間駆動(JEITA 2.0)のバッテリーを内蔵しているのがユニークだ。

接続図 接続図

 CPUはWindowsタブレットやスティックPCに採用される4コア/4スレッド対応のAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)、GPUはCPU内蔵のIntel HD Graphicsを採用。メモリは2GB、ストレージは32GB eMMCを搭載する。パフォーマンスは、Windows 10搭載のスティックPCと同程度と考えられる。

 通信機能はIEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を標準装備。インタフェース類はUSB 2.0×2、Micro USB、Mini HDMI出力、ヘッドフォン出力、SDXC対応のmicroSDメモリーカードスロットを備えている。

 本体サイズは「文庫本サイズ」をうたっており、約166(幅)×152(奥行き)×15(高さ)ミリ、重量は約350グラムだ。保証期間は1年(電子マネー「majica」会員は2年)。

カンタンPad2 こちらは2015年3月に発売された6980円(税別)の7型Androidタブレット「カンタンPad2」。情熱価格ブランドならではの低価格が注目された

 なお、このワリキリPCはサードウェーブデジノスがドスパラで7月29日に発売した「Diginnos DG-M01IW」と同様の製品のようだ。Diginnos DG-M01IWは発売時に2万186円だったが、現在では1万9800円に値下がりしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.