ニュース
» 2016年01月12日 06時00分 UPDATE

Windows 7/8.1はIE11のみサポート:Internet Explorerの旧バージョンは1月13日サポート終了

「最後の更新プログラム」を適用すると、最新バージョンへの移行を促すメッセージが表示されるようになる。

[前橋豪,ITmedia]

 MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」は、2016年1月13日(日本時間)に旧バージョンのサポートが終了となる。旧バージョンのIEは、同日提供されるセキュリティ更新プログラムが最後となり、以後にサポートを受けるには最新バージョンへのアップグレードが必要だ。

サポートポリシー変更(1) 日本マイクロソフトは特設ページで法人向けにIE最新バージョンへのアップデートを促している

 同社はWindowsの出荷時に搭載されるバージョンから最新バージョンまで幅広くIEのサポートを行ってきたが、そのために旧バージョンからの移行が進まず、セキュリティリスクや開発・検証コストの増大といった問題が生じていた。そこで同社は2014年8月にIEのサポートポリシーを変更すると告知しており、2016年1月13日以降は「Windows OSとそれに対応する最新バージョンのIEのみがサポート対象」となる。

 2016年1月13日以降、各Windowsでサポート対象となるIE最新バージョンは以下の通り。Windows 7の場合、IE11のみがサポート対象だ。Windows 7でIE8/9/10を使っている場合、それら旧バージョンはサポートされない。

サポートポリシー変更(2) 各Windowsで最新バージョンのIEだけがサポート対象となる(IEサポートチームブログより)
  • Windows OSとIE最新バージョンの組み合わせ(2016年1月13日時点)
    • Windows Vista(SP2):Internet Explorer 9
    • Windows 7(SP1):Internet Explorer 11
    • Windows 8.1:Internet Explorer 11
    • Windows Server 2008 SP2:Internet Explorer 9
    • Windows Server 2008 IA64(Itanium):Internet Explorer 9
    • Windows Server 2008 R2 SP1:Internet Explorer 11
    • Windows Server 2008 R2 IA64(Itanium):Internet Explorer 11
    • Windows Server 2012:Internet Explorer 10
    • Windows Server 2012 R2:Internet Explorer 11

 法人ユースなどで古いWebアプリケーションなどを使いたい場合、IE11に搭載された「エンタープライズモード」を利用することになる。これはIE8の環境をエミュレートし、互換性を高める動作モードだ。

エンタープライズモード IE11の「エンタープライズモード」。適用すると、アドレスバーのアイコンが“ビル”のマークに変化し、IE8以前のブラウザを想定したWebアプリケーションがIE11上でも動作可能になる(MSDNのIEBlogより)

 なお、同社が2016年1月13日に提供する更新プログラム「End of Life Upgrade(KB3123303)」を適用すると、旧バージョンのIEを利用しているWindowsに、IEのアップグレードを促すメッセージが表示されるようになる。レジストリの設定でこの通知は無効化できるが、同社はセキュリティ対策のためにも最新バージョンの導入を推奨している。

Edge ちなみに最新OSのWindows 10は、新しい標準ブラウザとして「Microsoft Edge」を採用。レンダリングエンジンを刷新し、Webページの任意の場所へ手書きコメントを付ける「Webノート」、シンプルな画面で閲覧できる「リーディングリスト」、音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」との連動など、IEにない機能を持つ。ただし、従来のWebサイトを問題なく閲覧できるようにIE11も搭載している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.