ニュース
» 2016年01月28日 15時30分 UPDATE

ゲームの表示バグ修正など:Windows 10プレビュー版の最新ビルド「14251」公開

米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14251」を公開した。前回の「11102」で既知の問題を修正する。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Microsoftは1月27日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの最新ビルド「Build 14251」を公開した。Windows Insider ProgramのFast Ring向けに提供を行う。

「Build 14251」 「Build 14251」

 ビルド番号が前回から大きく増えているが、これまでPCとモバイルで分かれていたビルド番号を統一するためのものであり、大きな変更点があるわけではない。

 今回は「PCゲームで起動時や表示解像度変更時、全画面表示とウィンドウモードの切り替え時にクラッシュする」「ナレーター、拡大鏡、サードパーティーによる支援機能ツールでクラッシュする」「ディスプレイのDPI設定が175%の場合にエクスプローラがクラッシュする」といったバグの修正が主な変更点だ。これは前回のビルド「11102」で既知の問題として挙げていたもの。

 前回に引き続き「ログイン後、WSClient.dllに関するエラーダイアログが表示される場合がある」「接続ボタンがアクションセンターに表示されない」という既知の問題は残るほか、「メモリ管理機能の変更による定期的なアプリのクラッシュや、メモリ関連のエラー表示」「EdgeでF12による開発者ツールが開かない」という問題を新たに報告している。

 Windows 10 Mobileの話題として、同社のデバイスである「Lumia 950」「Lumia 950 XL」「Lumia 550」以外のデバイスにWindows 10 Mobileへのアップデートを近日中に実施することも合わせて公表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.