ニュース
» 2016年04月18日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:虹色LEDファン搭載の水冷キットがアキバをザワつかせる (1/4)

光モノブームをけん引する「Riing」ファンを標準搭載した水冷キット「Water 3.0」が登場。ブームを加速させるか注目が集まっている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「モノ的には売れないはずはない。けれど……」――「Water 3.0 Riing RGB」の評判

 先週注目を集めていたのは、Thermaltakeの水冷キット「Water 3.0 Riing RGB」だ。同社の水冷キット「Water 3.0」シリーズの新製品で、256色に光るリング状LEDライトを組み込んだ12cmファン「Riing 12 256Color LED」を採用したのが最大の特徴。3連ファンタイプの「Water 3.0 Riing RGB 360」が2万6000円前後(税込み)で、2連の「Water 3.0 Riing RGB 240」は2万円弱(税込み)となる。

og_akiba_001.jpg Thermaltake「Water 3.0 Riing RGB 360」

og_akiba_002.jpg ドスパラ パーツ館のシリーズ入荷POP

 CPUブロックは銅製ベースとポンプを内蔵しており、アタッチメントはLGA 1156/1155/1151/1150/2011/2011-v3/Socket AM3+/AM3/AM2/FM2+/FM2/FM1に対応する。ファンの回転数や光の色などを調整するコントローラーも付属している。入荷したドスパラ パーツ館は「水冷キットに光るファンを組み合わせるのは定番なので、最初から一緒になっていると喜ぶ人は多そうです」とヒットを期待していた。

 光るファンのなかでも「Riing 256Color LED」シリーズは別格の存在として知られる。「普通は初回入荷から半月程度で売れ行きが落ち着きますが、Riingファンだけは半年経ってもなお好調ですからね」とはTSUKUMO eX.の言。その人気作が組み込まれたオリジナルメーカーの水冷キットということで、大ヒットを期待するショップは少なくない。同店は「Water 3.0もそこそこ人気のある水冷キットですから、モノ的には売れないはずはない。けれど、けっこう値が張るので、それがどう転ぶか……」と、不安をない交ぜにして語る。

og_akiba_003.jpg TSUKUMO eX.にあるRiingファン展示コーナー

 なお、Water 3.0 Riing RGBシリーズとともに、青または赤色の12cm Riingファンを側面に固定するCPUクーラー「Riing Silent 12」シリーズも売り出されている。価格は6000円弱(税込み)だ。こちらのヒットの期待も含めて、「冷却パーツ売り場も、虹色LED全盛のマウス&キーボードコーナーみたいなパッケージばかりになるかもしれませんね」(某ショップ)と未来予想するコメントもあった。今後の売り場の鮮やかさにも注目したい。

og_akiba_004.jpg Thermaltake「Riing Silent 12」シリーズ

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう