ニュース
» 2016年05月11日 08時46分 UPDATE

Western DigitalによるSanDisk買収が完了

Western Digitalが2015年10月に発表した190億ドルでのSanDiskの買収が5月12日に完了し、SanDiskはWestern Digitalの完全子会社になる。

[ITmedia]

 米HDD大手のWestern Digitalは5月10日(現地時間)、米フラッシュメモリメーカーのSanDiskの買収が12日に完了すると発表した。

 Western Digitalは2015年10月にSandiskを約190億ドルで買収すると発表。その後各国当局の承認を得て、最後に中国商務部(MOFCOM)の承認も今月得られたとしている。

 SanDiskはWestern Digitalの完全子会社になり、SanDiskのサンジェイ・メーロトラ社長兼CEOはWestern Digitalの取締役に就任する。

 Western DigitalはSanDiskを傘下に収めることで、HDD、SSD、データセンター向けストレージ、フラッシュメモリの製品ラインを持つことになる。

 メーロトラ氏は発表文で「Western Digitalが総合的なストレージのリーディング企業になることに貢献できることを楽しみにしている」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう