連載
» 2016年07月20日 06時00分 UPDATE

あの頃「ファミコンを買ってもらえなかった子」がしていたこと

ファミコンがやりたくてやりたくて仕方なかった子供時代。行動はすべて「ファミコン中心」に組み立てられていました。

[斎藤充博,ITmedia]
コンピュータ・メモリーズ

ライター:斎藤充博

斎藤充博

インターネットが大好きで、ウェブ記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。

Twitter:@3216ライター活動まとめ

連載:コンピュータ・メモリーズ

1982年生まれの筆者が、人生を通じて出会ってきたガジェットの超個人的な思い出をマンガで振り返ります。



あの頃「ファミコンを買ってもらえなかった子」がしていたこと

 周りの友達みんながファミコンを持っていて、自分だけが持っていなかったらどうなってしまうのでしょうか。小さい頃に、なかなかファミコンを買ってもらえなかったぼくの体験談です。

 ファミコンを持っていなかったぼくは、ファミコンがない状況をムリヤリ楽しんでいたのです。ウッ、泣けるな……。

 同年代の人に聞いてみると 「ゲームをやっていないのに、ドラクエの呪文が書いてある下敷きを読み込んで全部暗記していた」なんて話が出てきました。確かにあった! ドラクエの呪文下敷き。

 現代の子どもはどうなんでしょう。みんな1人1台3DS持っているように見えるのだけど、中には買ってもらえない人もいるんでしょうね。そんな子どもと話をしてみたいです。何しているの? って。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう