ニュース
» 2016年08月22日 12時37分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:別GPU扱い!? 3GB版GeForce GTX 1060カードが登場! (1/4)

従来モデルからGDDR5メモリの容量が半分になった3GB版のGeForce GTX 1060搭載グラフィックスカードが登場した。ショップからは「6GB版の一つ下的な存在」という声も聞かれる。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

3GB版GeForce GTX 1060が税込み3万円前後でデビュー!

 グラフィックスカードで話題になっていたのは、GDDR5 3GB版のGeForce GTX 1060を搭載したモデルだ。GIGABYTEからOCモデル「GV-N1060G1 GAMING-3GD」、Palitから標準仕様の「NE51060015F9-1061D」が登場。税込み価格は2万8000円前後と3万1000円前後。

GIGABYTE「GV-N1060G1 GAMING-3GD」

Palit「NE51060015F9-1061D」

 3GB版のGTX 1060は、先行して出回っている6GB版よりもメモリ容量が少ないだけでなく、CUDAコア数も1280個から1152個へと減少している。そのほかのスペックは同じで、メモリバンド幅は192GB/秒、消費電力は120ワットのままだ。

 入荷したドスパラ パーツ館は「CUDAコアの数も異なるので、一つ下のGPU扱いになるんじゃないかとも言われていましたね。値ごろ感から人気が出そうですが、6GB版との違いをしっかり説明しないといけないでしょう」と話していた。

海外の公式サイトにあるスペック比較表

 他のショップからも「今後6GB版との価格の棲み分けも進むでしょうし、分かりにくいから別名をつけてほしかったですよね。ヒトケタ目が空いているんだし」などのコメントを聞いた。

 定番化する見込みは半々との声が多勢だ。「ここからの値下がり次第。2万円台半ばまでいくなら3GB版の存在感はしっかり保てると思いますが、6GB版の安いモデルと価格がクロスしちゃったら霞みまくるでしょう」(同ショップ)。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう