連載
» 2016年10月05日 18時49分 UPDATE

アップルPickUp!:Apple Musicを実質月額817円で利用する裏ワザ (1/2)

「聴きたいすべての音楽がここに」をお得に利用する。

[らいら,ITmedia]

 Appleが9月からApple Musicギフトカードの販売を開始しました。Apple MusicとはAppleの提供する音楽ストリーミングサービスで、2015年7月にスタート。iPhone、iPad、Apple TV、Macのほか、Windows PCおよびAndroidに対応しており、先日加入者数が1700万人を突破したことも明らかになりました。

コンビニのレジ周りで、Apple MusicギフトカードのPOPを目にしたことのある人も多いのではないでしょうか

 有料プランの個人メンバーシップは月額980円(最大6人まで利用可能なファミリーメンバーシップは1480円)で、Apple IDに紐付けたクレジットカードか、iTunesのクレジット残高から毎月支払われます。そこに今回、年払いでおトクに利用できるApple Musicギフトカードが選択肢として加わりました。

 ギフトカードには3カ月版と12カ月版がありますが、3カ月版は単純に980円×3カ月分の価格(2940円)なのでカット。今回試したのは、10カ月分の価格で丸1年楽しめる12カ月版(9800円)です。1年間で1960円分の割引となるため、実質月額約817円でApple Musicが利用できる計算ですね。

「Apple Musicギフトカード」というネーミングだが、もちろん自分用に買って使うこともできます

 チャージ方法は基本的にiTunes Cardと同じです。あらかじめ手元にApple Musicギフトカードを用意し、カード裏のシールを剥がしておきます。ミュージックアプリで「For You」タブを開き、右上にある自分のアイコンをタップ。「Apple IDを表示」を選んでサインインします。

手順はiOS 10のiPhoneで行った場合。まずは「For You」の文字の隣にある自分のアイコンをタップしてサインイン

 アカウント情報が表示されるので「iTunes Card/コードを使う」を選択。「カメラで読み取る」をタップし、ギフトカード裏面のコードをカメラでスキャンします。

「カメラで読み取る」を選ぶとカメラが立ち上がります。読み取りがうまくいかない場合は、コードを直接キーボードでも入力可能

背景がごちゃごちゃしていてもほぼ一瞬で読み取り完了

 「ご利用のApple IDに\9800分のクレジットが追加されました。」と表示されればチャージ成功です。画面下の「iTunes StoreまたはApp Storeにクレジットを追加する」を選択すれば、入金分をiTunes Cardと同じようにアプリ、ゲーム、映画、本などの購入にあてることもできます。しかしApple Musicのメンバーシップを延長したほうが1960円分おトクなので、ちょっともったいないかも。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう