ニュース
» 2016年11月22日 20時47分 UPDATE

キーボード、ペン込みで6万4800円から:Core m搭載2in1「Diginnos DGM-S12Y」は「新しいWindows 10体験」を目指す (1/2)

サードウェーブデジノスが東京の秋葉原で新製品発表会を開催し、12.2型液晶ディスプレイを搭載した新型2in1「Diginnos DGM-S12Y」を発表した。未発表製品のプレビュー展示も。

[鈴木雅暢,ITmedia]

CPUにCore m3を搭載し、キーボード、ペン込みで6万4800円から

 今回発表された「Diginnos DGM-S12Y」は、12.2型液晶ディスプレイを搭載したカバーキーボードを着脱できるデタッチャブル型の2in1デバイスだ。CPUにCore m3-6Y30を採用し、メモリやストレージの容量違いで3モデルを用意する。

12.2型液晶ディスプレイを搭載した2in1「DGM-S12Y」。カバーキーボード、電磁誘導式のペンが標準で付属する

 いずれのモデルも着脱できるキーボードカバーとペンが標準で付属する。キーボードのタッチパッド部分に指紋センサーを装備しており、Windows Helloによる指紋センサーログインに対応する。ペンはN-Trig製の電磁誘導式で、256段階の筆圧検知に対応する。

 直販価格は、6万4800円からと手ごろな価格から用意されている。さらに、期間限定キャンペーンとして、メモリ4GB/ストレージ128GBモデル、メモリ8GB/ストレージ256GBについては、Windowsストアで使える6000円分の特典クーポンが付与される。

横からみたところ。カバーのフタを折りたたんでスタンドとなる。角度はこの1種類

タブレット裏面はシンプルなデザイン

端子類はタブレット左側面にまとめて搭載されている

タブレット右側面。電源ボタンとボリューム調整ボタンがある

タブレット底部。キーボードとの接点となる端子とガイド用の穴がある

ペンは電磁誘導式でN-Trig製。筆圧検知は256レベルに対応する

キーボード。タッチパッドの左上に指紋センサーがある

カバーを閉じたところ

「新しいWindows 10体験」を強く意識し「便利なものをたくさんの人に使ってほしい」という思いをこめた意欲作

 発表会の冒頭では、サードウェーブデジノス取締役社長である田中基文氏が登壇し、「新しい機能をいちはやく届けることを目指す」という同社事業のテーマなどを紹介した。

 Diginnos DGM-S12Yの製品発表は、同社BTO事業部の鈴木英祐氏により行われた。同氏は、「必要な機能を納得の価格で提供する」「便利なものをもっと使ってほしい」というDiginnosブランドのテーマを紹介し、「アクティブペンに対応した性能の高い2in1を手頃な価格で提供する」というDGM-S12Yの開発コンセプトを明らかにした。

 続けて、その特徴として「タブレットとしてもノートPCとして十分な機能を果たす2in1であること」「電磁誘導式のペンで手書き機能を存分に使えること」「生体認証機能(指紋センサー)により手軽なログインができること」を挙げた。

 また、ステレオマイク搭載により音声アシスタント機能「Cortana with voice」もより快適に使えることも加え、生体認証機能の「Windows Hello」、ペン活用のプラットフォーム「Windows Ink Workspace」と合わせ、「Windows 10の新しい機能」の便利な体験ができることをアピールした。

 価格設定にも努力した製品であることに触れ、コストパフォーマンスが最大の魅力。キーボードとペンを別売りとして価格を安く見せるのではなく、すべて標準装備とした点についても「(Windows 10の新しい機能による)便利な体験をたくさんの人にしてほしい」という思いが反映されているという。

発表会の冒頭ではサードウェーブデジノス取締役社長である田中基文氏が登壇し、同社事業方針などを紹介した

Diginnos DGM-S12Yの製品発表を行ない、開発コンセプトや詳細仕様などを紹介した同社BTO事業部の鈴木英祐氏

Diginnos DGM-S12Yの開発コンセプト

Diginnos DGM-S12Yのセールスポイント。コストパフォーマンスに優れた2in1であることを強調した

Windows Hello、Windows Ink Workspace、CortanaといったWindows 10の先進機能をフル活用できる

各モデルの販売価格。いずれもキーボード、ペンは標準で付属する

期間限定キャンペーンとして、メモリ4GB/SSD128GBモデルとメモリ8GB/SSD256GBモデルについては、Windowsストアで使える6,000円分の特典クーポンが付与される

ドスパラのサイトもWindows Hello対応に向けて準備中だという

Diginos DGM-S12Yのスペックと販売価格
製品名 Diginos DGM-S12Y
CPU Core m3-6Y30
メモリ 4GB/8GB
ディスプレイ 12.2型光沢液晶/1920×1200ピクセル
SSD 64GB/128GB/256GB
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.0
インタフェース microSD、USB 3.0×2(Type-C+Type-A)、microHDMI、ヘッドフォン出力
カメラ 前面約200万画素、背面約500万画素
バッテリー駆動時間 約6時間(JEITA 2.0)
サイズ 約305×210×105mm
重量 約935g(タブレット単体)/約635g(キーボード+ペン)
OS Windows 10 Homeプリインストール
販売価格(税別) 6万4800円(4GB/64GBモデル)/6万9800円(4GB/128GBモデル)/7万9800円(8GB/256GBモデル)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう