ニュース
» 2017年03月08日 13時32分 UPDATE

バッファロー、トリプルアンテナを搭載した11ac対応無線LANルータ

バッファローは、可動式アンテナ3基を備えたIEEE802.11ac接続対応の無線LANルータ「WXR-1900DHP3」を発表した。

[ITmedia]

 バッファローは3月8日、IEEE802.11ac接続対応の無線LANルータ「WXR-1900DHP3」を発表、3月下旬に出荷を開始する。価格は1万8700円(税別)。

 計3基の可動式アンテナを備える無線LANルータで、IEEE802.11acおよび11a/b/g/n接続に対応。転送速度は11ac時で最大1300Mbps、11n時で最大600Mbps(ともに規格値)を実現した。また5GHz帯/2.4GHz帯のうち混雑していない側に自動で接続を切り替えられる「バンドステアリング」機能や、他の機器からの干渉ノイズを回避できる「干渉波自動回避機能」にも対応している。

photo WXR-1900DHP3

 このほか、通信の優先順位を設定できる「アドバンスドQoS」機能に4K動画配信を優先できる4Kモードを追加されており、快適な4K動画再生が可能となっている。有線ポートはギガビット対応×5(WAN側×1、LAN側×4)を搭載。ほかUSB 3.0×1も利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.