ニュース
» 2017年04月17日 12時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:Ryzen 5登場! 可もなく不可もなく期待はあり (1/4)

Ryzen 5が上位2モデル、下位2モデルの順でPCパーツショップの店頭に並んだ。いずれも潤沢だが、Ryzen 7ほどの反響はない様子。それでも期待値は高い。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「人気は1600無印、期待は1500X」――Ryzen 5の売れ行き

 Ryzen 7の下位CPU「Ryzen 5」が4月11日に発売された。直前になって4モデル中2モデルが発売延期となったが、週末には予定していたラインアップのすべてが店頭に並び、いずれも潤沢に流通している。

金曜日時点のTSUKUMO eX.価格表。1500Xと1400は発売前となっている

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のRyzen価格表

 ラインアップは6コア/12スレッドの「1600X」(3.6GHz/ターボ時4.0GHz)と「1600」(3.2GHz/ターボ時3.6GHz)、4コア/8スレッドの「1500X」(3.5GHz/ターボ時3.7GHz)と「1400」(3.2GHz/ターボ時3.4GHz)となる。1600XのみTDPが95Wで、クーラーを付属しない。下位3モデルはTDP 65Wで、LEDランプ非搭載の標準クーラーを付属する。税込み価格は順位3万3000円前後、3万円前後、2万6000円弱、2万3000円弱だ。

AMD「Ryzen 5 1600」と「同1600X」

 金曜日の時点で、売れ行きは「そこそこ」という回答が多かった。某ショップは「Ryzen 7のようなものすごい勢いはありませんでしたね。可もなく不可もなくという感じの売れ方です」という。それでもポジティブに捉える空気が多勢だ。「これからドライバのチューニングが進みますし、mini-ITXマザーも出てきますからね。プラス要素ばかりが控えているので、じわじわ伸びていってくれると思います」(同ショップ)。

 その中でも売れ筋に挙げられることが多かったのは1600無印だ。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「やっぱりコスパですよね。1700無印と同じく性能と価格のバランスが優れているモデルが伸びている感じがします」という。また、4コアタイプでは1500Xをヒット候補に挙げるショップが多かった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.