ニュース
» 2017年05月01日 11時57分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:mini-ITXのRyzenマザーがアキバで大人気 (1/4)

Ryzen向けで初となるmini-ITXマザーがBIOSTARから売り出された。X370とB350タイプが同時に店頭に並んだが、いずれも大人気で入手性が低くなっている。そのほか、税込み11万円超のクーラーマスター電源も売り出された。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「BIOSTARだけ数歩先に出てきました」――mini-ITXサイズのRyzenマザー

 「早くて6月初旬では」と予想されていた、Socket AM4搭載のmini-ITXマザーが4月末の自作パーツ街に並んだ。BIOSTARの「X370GTN」と「B350GTN」で、税込み価格は1万5000円前後と1万3000円強となる。

パソコンSHOPアークに並んだ、BIOSTAR「X370GTN」と「B350GTN」

 X370GTNはX370チップセットを搭載したモデルで、PCIe x16スロットとM.2(PCIe x4 Gen3接続)スロットを1基ずつ備え、Type-A/CのUSB 3.1(Gen2)端子も各1基背面に並べている。そのほか、イルミネーション機能も搭載。B350GTNもチップセットがB350であること以外、X370GTNと似た基板構成だ。

 なお、同社からはmicro ATXサイズのX370マザー「X370GT3」も税込み1万5000円弱で売り出されている。こちらはPCIe x16とx4スロットを各1基、x1スロットを2基備えており、CrossFire Xをサポートする。M.2やUSB 3.1の構成は上記2モデルと同じで、イルミネーション機能も使える。

BIOSTAR「X370GT3」

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店に並ぶ「B350GTN」と「X370GT3」

 待望のRyzen向けmini-ITXマザーということで、入荷情報を公開したショップには初日にからユーザーが殺到し、週末のうちに上位の「X370GTN」、下位の「B350GTN」の順で入手困難な状況になっていた。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「待っていた人が多いmini-ITXで、しかも安くてモノとしても悪くない。かなりの優等生で勢いよく売れましたね。X370GT3のほうも、X370で貴重なmicro ATXタイプということで好調です」という。

 セットで売れるCPUは、現行最下位のRyzen 5 1400(4コア/8スレッド、標準3.2GHz動作)を抑えて、Ryzen 7 1700(8コア/16スレッド、標準3.0GHz動作)がトップという。その理由をパソコンSHOPアークは「圧倒的なコスパはもちろん、16スレッド使える高性能ぶりが小型マシンでも求められているところだと思います」と語っていた。

パソコンSHOPアークのRyzen価格表

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう