ニュース
» 2017年10月18日 13時13分 公開

13.5型「Surface Book 2」、国内価格は税込み20万664円から

Microsoftが「Surface Book 2」を発表、11月9日に事前予約を開始する。第8世代Core i7を搭載する上位モデルも登場。

[ITmedia]

 Windows 10のFall Creators Updateにあわせて投入されるとみられていた次世代Surface Book「Surface Book 2」が発表された。米国では新たに15型モデルが加わっているが、国内では現時点で13.5型モデルのみ発売がアナウンスされている。第7世代のCore i5 -7300Uを搭載するベースモデルの国内販売価格は20万664円(税込み)。

Surface Book 2

 Surface Book 2は、独自のヒンジ機構によりラップトップモードやタブレットモードなど様々な形態で利用できるデタッチャブルタイプの2in1ノートPC。タブレット部は、10点マルチタッチに対応する3000×2000ピクセル(アスペクト比3:2/267ppi)の13.5型PixelSenseディスプレイを採用し、Windows Helloに対応した500万画素フロントカメラと、1080p動画撮影が可能な800万画素リアカメラを内蔵する。

3000×2000ピクセルの13.5型PixelSenseディスプレイを採用。キーボードはバックライト付きでガラス製タッチパッドを内蔵する

 ベースモデルの主なスペックは、CPUがCore i5-7300U(2.6GHz/最大3.5GHz)、8GBメモリ(1866MHz LPDDR3)、256GB SSD、グラフィックス機能はCPU内蔵のHD Graphics 620という構成だ。なお、上位モデルには第8世代(Kaby Lake-R)のモバイル向けクアッドコアCPUであるCore i7-8650U(1.9GHz/最大4.2GHz)と、外部GPUにGeForce GTX 1050を採用したモデルが3機種用意されており、8GBメモリと256GB SSDを搭載した構成が26万2224円、16GBメモリと512GB SSDを搭載した構成が33万6774円、16GBメモリと1TB SSDを搭載した構成が39万7224円で販売される(いずれも税込み)。

第8世代Core i7を搭載したモデルも用意される

マグネシウム合金製のボディーとシルバーのカラーリングはSurface Bookから引き継いでいる

 インタフェースは、SDメモリーカードスロット、USB 3.1(Gen 1)×2、USB Type-C×1、ヘッドフォン、Surface Connectポート×2(タブレット部とベース部に1基ずつ)など。本体サイズは約312(幅)×232(奥行き)×13〜23(高さ)mm、重量は約1534g(Core i5モデル)/1642g(Core i7モデル)。バッテリー駆動時間は約17時間。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう