ニュース
» 2017年11月13日 16時35分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:Intelの高速SSD「Optane SSD 900P」がアキバで大好評 (1/4)

Intelがコンシューマー向けに送り出した「Optane SSD 900P」シリーズが売り切れ続出のヒットを記録している。「SSD 750」シリーズを彷彿とさせるとの声も。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

3D Xpointメモリ採用「Optane SSD 900P」がデビュー

 先週の秋葉原で最も注目を集めていたのは、IntelのSSD「Optane SSD 900P」シリーズだ。PCIe x4接続の480GBモデル「SSDPED1D480GASX」、280GBモデル「SSDPED1D280GASX」と、U.2(SFF-8643)接続の2.5インチ280GBモデル「SSDPE21D280GASX」があり、税込み価格は順に7万6000円前後、5万円弱、5万円弱。

「Optane SSD 900P」シリーズ。パソコンSHOPアークで撮影

 Optane SSD 900Pは、NANDメモリと比べて高速で買い換え耐用回数が大きい「3D Xpoint」メモリを採用しているのが特徴。同様の製品は10月にデータセンター向けの「Optane SSD DC P4800X」が同社から登場しているが、コンシューマー向けとしては初めてだ。

 SSDPED1D480GASXの場合、連続リード最大2500MB/s、連続ライト最大2000MB/s、ランダムリード最大55万IOPS、ランダムライト最大50万IOPS。平均故障間隔(MTBF)は160万時間。

「SSDPED1D480GASX」のパッケージ

 各ショップで特に売れているのは、PCIe x4型の480GBモデルだ。オリオスペックは「IntelのSSDとしては、2015年前半に大ヒットした『SSD 750』シリーズ以来の売れ行きかもしれません。あそこまではいかないまでも、ハイスペック志向の個人ユーザーの方にかなり注目されているので、再入荷後も勢いは続きそうですね」と賞賛していた。

 なお、シリーズのラインアップとしては、M.2接続で2.5インチドライブ形状の280GBモデル「SSDPE21D280GASM」もある。こちらも今後店頭に出回る公算が高い。

「SSDPE21D280GASX」のパッケージ。ひと回り小さい

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう