ニュース
» 2017年12月04日 15時04分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:マイニングブーム再び!? GTX 1070が品薄気味 (1/4)

年末に向けたこの時期にGeForce GTX 1070カードの在庫状況を不安視する声が広がっている。ここにきての需要増の背景にはマイニングブームの再興があるらしい。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「VEGA 64もピンチだけど、深刻なのはGTX 1070」――マイニングブームの動向

 自作PC界隈におけるマイニングブームは5月から7月にかけて広がったが、最近になって再び盛り上がりをみせているという。端的なのは、グラフィックスカードの在庫状況だ。取材して回ると、半数近くのショップでGeForce GTX 1070カードが品薄になっているという。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「多分ですけど、モナーコインを掘っている人が多いんじゃないですかね。あれ、GeForceが効率いいって言われていますから。ウチもかなり在庫が薄くなっています」と話していた。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のGeForce GTX 1070の売り場

 仮想通貨の採掘(マイニング)には、GPUとの相性がある。効率よくマイニングできるGPUはそれぞれ異なるため、買われるGPUは流行とともに自然と変わっていく。そのため「(人気の仮想通貨である)モネロにはRadeon RX Vegaが向いているということで、VEGA 64もかなり品薄になっています」(TSUKUMO eX.)との声も聞く。

TSUKUMO eX.のRadeon RX Vegaの売り場

 それでも、全体的に深刻に捉えられているのはやはりGTX 1070だ。某ショップは「ゲームユーザーやVRユーザーの需要と重なるんですよね。正直、Vega 64はマイニングで売れてもほぼバッティングしない。Coffee LakeのCore i5も枯渇していますし、ボーナス商戦なのに主流にボコボコ穴が空きそうな感じで胃が痛いですよ……」とこぼしていた。

 とはいえ、夏ほどの勢いには至らないとの声もまた大きい。先のショップは続けて、「今回の盛り上がりは日本人とベトナムなどの一部外国人が中心です。中国は政府が待ったをかけたので消沈しているから、その隙にというところがあるんですよね。ただ、中国人パワーがないと、爆買い的なことはなかなか起きない。実際、GTX 1070カードも枯渇までには至っていませんから」と解説してくれた。

 実際、マイニング向けマザーボードやライザーカードの売れ行きが急伸しているという話は聞かない。オリオスペックは「前からマイニングマシンを持っていて、グラフィックスカードだけ付け替えた人も多いのかもしれませんね」と推測していた。

オリオスペックに並ぶライザーカード。7月頃は常に売り切れだった

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう