ニュース
» 2017年12月11日 12時40分 公開

タイプライター風BTキーボード「PENNA」 Makuakeで予約販売開始

リターンバーをあしらったタイプライター風Bluetoothキーボード「PENNA」が、12月6日からMakuakeで予約販売を始めている。予定販売価格は2万2900円としているが、超早割では50台限定で1万4800円(税込)となる。出荷は2018年4月の見込み。

[井上輝一,ITmedia]

 リターンバーをあしらったタイプライター風Bluetoothキーボード「PENNA」が、12月6日からMakuakeで予約販売を始めている。予定販売価格は2万2900円としているが、超早割では50台限定で1万4800円(税込)となる。出荷は2018年4月の見込み。Windows/Android/iOSなどのOSをサポートする。本体のカラーラインアップは、マットブラック、ピュアホワイト、オリーブグリーン、ベビーピンクの4種。キートップのカラーはホワイトのみ。

 PENNAを作る米ELRETRONは、PENNAのクラウドファンディングを米Kickstarter上で2017年4月から開始し、目標が5万ドルのところ、約10倍となる約50万ドルを集めた。米国では既に出荷しているため、Makuakeではクラウドファンディングではなく予約販売の方式を取っている。輸入会社はヤベツジャパン。

 PENNAは、キースイッチに独ZF Electronicsの「Cherry MX Blue」(青軸)を採用し、キートップには同社が開発した「ダイヤモンド」型のものと、レトロ感のある「クローム」型を選択できる。海外版では「Cherry MX Red」(赤軸)も用意しているが、国内での販売は青軸のみとなる。

ダイヤモンド4軸キートップ
レトロクロームキートップ

 キー配列はUSのみ。キートップに印字されるのも英字のみとなる。

 リターンバーは文字マクロの登録・実行に使用でき、エンターキーやバックスペースのほか、文章を登録し、バーを押し下げることでマクロを実行できる。

マクロバーとなったリターンバー

 バッテリーには単三電池2本を使用する。Bluetooth 4.2を採用しているため、最大6カ月間連続で稼働できるとする。

 Bluetooth接続先の登録台数は5台。持ち運び用に、別売でPENNA専用ポーチも用意している。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう