ニュース
» 2018年01月05日 14時47分 公開

日本HPがノートPCのバッテリーを自主回収

国内での事故報告はなし 「潜在的な安全上の問題があることが判明したため」

[ITmedia]

 日本HPは1月5日、同社製PCに搭載されているバッテリーパックの一部を自主回収すると発表した。交換対象のバッテリーパックを搭載した製品は、ノートPCおよびモバイルワークステーションの一部で、過去2年間にグローバルで販売したHP製品の約0.1%にあたる(国内では1748個)。

 日本国内では「HP ProBook 640 G2 Notebook PC」「HP ProBook 645 G2 Notebook PC」「HP ProBook 650 G2 Notebook PC」「HP ZBook 17 G3 Mobile Workstation」「HP ZBook 17 G4 Mobile Workstation」「HP ZBook Studio G3 Mobile Workstation」の6機種が自主回収プログラムに該当する可能性があり、専用Webサイトからダウンロードした「HP Battery Program Validation Utility」で交換対象かどうかを確認できる。交換は無償。

対象製品

 同社は今回の自主回収について「サプライヤーの1社から提供されたバッテリーパックに、潜在的な安全上の問題があることが判明したため」と説明しており、交換対象のバッテリーを搭載していた場合は、交換するまで「バッテリ安全モード」に設定し、常にACアダプターを接続して利用するよう呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう