ニュース
» 2018年02月14日 21時24分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:仮想通貨マイニング需要に陰り (1/4)

2017年末から右肩上がりの盛り上がりを見せていたマイニングブームだが、ここに来て勢いが落ち着いていた感がある。また、GPU内蔵Ryzenも連休明けから売り出されている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「これだけ値段が上がればね」――マイニング熱は沈静化?

 全方位のグラフィックスカード品薄傾向は、ここに来てアキバ全体でピークアウトした感がある。相変わらず潤沢とはいえない状況で、購入枚数制限も継続していながらも、複数のショップが「勢いは落ち着いてきました」と口をそろえる。グラフィックスカード売り場の在庫状況は先々週より確実に改善している。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のグラフィックスカード売り場

ドスパラ秋葉原本店のグラフィックスカード売り場。「売り切れ」もあるが、在庫の厚みは増している

 理由はさまざまあるようで、「マイニング関連のニュースが増えて、パーツを買い漁るということに対してネガティブな空気が広がった感がある」と語るショップもあったが、特に多かったのはグラフィックスカードの値上がりを挙げる声だ。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「さすがにGeForce GTX 1060 6GBが5万円もしちゃうと、ちょっと買うのを待とうかというふうになりますよね。今年に入ってどのGPUもどんどん価格が上がっているから、購入の目的に関係なく買い控えしている人は多いと思います」と語る。

 また、ドスパラ秋葉原本店は「日本は代理店がバッファになって価格変動が抑えられているところがあります。だから、ここ最近は海外よりも安くグラフィックスカードが買えるということがあって、米国からわざわざそれ目的で来店される人もいました。けれどさすがに上げ幅が抑えられなくなってきて、外国から買いに来るメリットはかなり薄くなっているんじゃないかと思います」と推測していた。

 この価格は世界的なマイニング熱と連動して落ち着いていくとみられるが、それにはもうしばらくの時間が必要との見方が多勢だ。某ショップは「少なくとも旧正月が明けるまではこのままでしょう。その後じわじわ下がって元に近づくんじゃないでしょうか。3月中に収まればいいほうじゃないですかね」と予想していた。

SapphireのRadeon RX 570カード「PULSE RADEON RX 570 8G」と「PULSE RADEON RX 570 ITX 4G」が登場。税込み価格は5万円弱と4万3000円前後だった

GALAKUROのGeForce GTX 1070 Tiカード「GK-GTX1070Ti-E8GB/HOF」も登場。税込み7万7000円前後

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう