ニュース
» 2018年02月26日 13時38分 公開

バッファロー製無線LANルーター「WXR-1900DHP2」に複数の脆弱性 IPAが報告

IPAおよびJPCERT/CCは、バッファロー製無線LANルーター「WXR-1900DHP2」に複数の脆弱性が存在すると報告を行った。

[ITmedia]

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターとJPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)は2月26日、バッファロー製無線LANルーター「WXR-1900DHP2」に複数の脆弱性が存在すると公表した。

photo WXR-1900DHP2

 該当機種には認証回避の脆弱性の他、バッファオーバーフローおよびOSコマンドインジェクションの脆弱性が存在すると発表。ネットワークからアクセスした第三者などによって任意のコードが実行される危険性がある、としている。

 なおバッファローは、上記の脆弱性への対策を行った新ファームウェアの配布を開始している。配布ページは同社サポートページを参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう