ニュース
» 2018年03月19日 20時40分 公開

インテル江田麻季子社長が退任、後任はスコット・オーバーソン氏に

インテルは3月19日、江田麻季子代表取締役社長が3月31日付で退任し、欧州・中東・アフリカ地域をカバーするインテルEMEAのインダストリー・セールス事業部長であるスコット・オーバーソン氏が4月1日から代表取締役社長に着任すると発表した。

[ITmedia]
代表取締役社長に着任するスコット・オーバーソン氏

 インテルは3月19日、江田麻季子代表取締役社長が3月31日付で退任し、欧州・中東・アフリカ地域をカバーするインテルEMEAのインダストリー・セールス事業部長であるスコット・オーバーソン氏が4月1日から代表取締役社長に着任すると発表した。

 江田氏は2000年にマーケットリサーチ・マネージャーとしてインテルに入社。Intel Semiconductor(アジア・パシフィック地域統括)でブランドとプロモーションに関する全マーケティング戦略の総責任者であるマーケティング&コンシューマー・セールス担当ディレクターなどを歴任し、2013年10月から代表取締役社長を務めている。

江田麻季子代表取締役社長

 オーバーソン氏はセールスやマーケティングの分野でさまざまな活動を統括してきた。直近では、担当地域のチームを率いてさまざまな産業分野の顧客に向け、同社のエンタープライズテクノロジーの導入を指揮した。

 オーバーソン氏は「暫定的な日本の事業責任者」として日本でのビジネスを展開していくとしており、事業の指揮とともに次期責任者の選定を進めるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう