ニュース
» 2018年04月18日 12時00分 公開

東芝が主力の15.6型ノートを刷新――2018年PC夏モデル

東芝は2018年PC夏モデルとして店頭向けに「dynabook T」シリーズ3機種を投入する。

[ITmedia]

 東芝クライアントソリューションは4月18日、2018年夏モデルとして15.6型ノートPC「dynabook T」シリーズ3機種を発表した。第8世代Coreの採用や独自の高画質化技術、クアッドスピーカーの採用など、1月に登場した春モデルの特徴を引き継ぎつつ、ミドルレンジ以下のモデルで機能を強化した他、新デザインに刷新されている。

dynabook T75/GG(サテンゴールド)

 ラインアップは「dynabook T75/G」「dynabook T55/G」「dynabook T45/G」の3モデルで、実売予想価格は順に21万円台半ば、17万円台後半、14万円台半ば(いずれも税込)。T75/GとT55/Gは5月中旬、T45/Gは4月25日に発売される予定だ。なお、上位の「dynabook T95/F」は春モデルからの継続販売。

 夏モデルの強化ポイントは大きく3点。まず1つは顔認証モデルの拡充で、Windows Helloに対応した赤外線カメラによる顔認証がT75/GとT55/Gでも利用できるようになった。これに加えて、オンキヨー製クアッドスピーカーがT45/Gにも内蔵され、Tシリーズ全モデルでより高音質な音声再生を実現している。

Windows Hello対応の赤外線カメラを内蔵。パネルパワーオン機能で液晶ディスプレイを開くと自動的にログオンできる

 2つ目は新キーボードの採用。キーの印字をよりはっきりと見える色に変更しつつ、アルファベットの文字をキートップの中央に寄せて視認性を高めている。

左が夏モデル、右が春モデル。キートップの印字が見やすい色に、アルファベットの文字が中央に寄せられている

 3つ目は外装の変更で、カラーバリエーションは従来と同じくサテンゴールド、モデナレッド、リュクスホワイト、プレシャスブラックの4色だが、それぞれの色を引き立たせる新しいパターンが採用された。具体的には、モデナレッドがユビキタスロゴを使ったパターンに、リュクスホワイトとプレシャスブラックがストライプ柄に変更されている(ゴールドは従来と同じヘアライン)。

カラーバリエーションは従来と同じ4色展開
外装のデザインパターンが変更されている。モデナレッドはユビキタスロゴ(dynabookロゴの先頭にあるマーク)を使ったパターン

 各モデルの主なスペックは、dynabook T75/GがCore i7-8550U、8GBメモリ、1TB HDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、dynabook T55/GがCore i3-8130U、4GBメモリ、1TB HDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、dynabook T45/GがCeleron 3865U、4GBメモリ、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブという構成。OSはWindows 10 Home 64bitで、Office Home&Business 2016も付属する。

本体左側面と右側面のインタフェース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう