ニュース
» 2018年05月02日 11時40分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:3万9000円のRyzenマザー「ROG CROSSHAIR VII HERO」が登場 (1/4)

第2世代Ryzen向けのX470マザーと第8世代Core iシリーズ向けH370、B350マザーがASUSTeKから多数売り出され、大型連休中の選択肢を充実させている。売れ筋は高コスパモデル!?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

 大型連休直前のマザーボード売り場で目立っているのはASUSTeKだ。第2世代Ryzen向けと第8世代Core iシリーズ向けの新製品を一斉に投入している。

「TUF X470-PLUS GAMING」や「ROG STRIX H370-F GAMING」も好調

 Ryzen向けでは水冷システムの制御機能を盛り込んだ上位モデル「ROG CROSSHAIR VII HERO」や、高耐久仕様の「TUF X470-PLUS GAMING」が登場。いずれもATXサイズで、税込み価格は3万9000円弱と同2万1000円強。

 ROG CROSSHAIR VII HEROは入荷数の少なさもあって売り切れるショップもあり、いずれも好調な滑り出しだという。パソコンSHOPアークは「Ryzen系はハイエンド志向でもCore i系よりトータル価格を抑えめにする人が多いので、4万円近いROG CROSSHAIR VII HEROが売れるのはなかなかですね。長期的にみると個性があって割安なTUF X470-PLUS GAMINGが伸びるんじゃないかと思います」と話していた。

ASUSTeK「ROG CROSSHAIR VII HERO」
ASUSTeK「TUF X470-PLUS GAMING」

 Core i向けはH370搭載のATXモデル「ROG STRIX H370-F GAMING」とB360搭載のゲーミングmicro ATXモデル「ROG STRIX B360-G GAMING」、同じくmini-ITXサイズの「ROG-STRIX B360-I GAMING」、B360搭載のシンプルATX「PRIME B360-PLUS」、H310搭載の高耐久ATX「TUF H310-PLUS GAMING」の5モデルが並ぶ。税込価格は1万8000円前後と1万3000円前後、1万7000円強、1万3000円前後、1万2000円前後だ。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「ラインアップが一気に増えて比較するのも大変ですが、やはり個性がはっきりしていてそこそこ価格が抑えられるモデルが人気を集めそうです。新世代Ryzenではまだないmicro ATXやmini-ITXサイズの製品もよく売れていますし」と話す。

ASUSTeK「ROG STRIX H370-F GAMING」
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店にある「TUF H310-PLUS GAMING」のPOP
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう