ニュース
» 2018年06月05日 01時34分 公開

Microsoft、GitHubを75億ドルで買収 正式発表

Microsoftがソースコード共有ツールのGitHub買収を正式発表。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月4日(現地時間)、ソースコード共有ツールを手がける米GitHubを買収することで合意したと発表した。買収金額は75億ドル(約8220億円)。買収は規制当局の承認を経て2018年中に完了する見通し。

photo 左から、GitHubのクリス・ワンストラス現CEO、Microsoftのサティア・ナデラCEO、GitHubの新CEOに就くナット・フリードマン氏

 GitHubは2008年創業の非公開企業。ソースコードを共有するためのWebサービスを提供し、2800万人超の開発者が利用している。

 買収後、GitHub現CEOのクリス・ワンストラス氏は退任し、新CEOにはXamarin創業者でもあるMicrosoftのナット・フリードマン副社長が就任する予定。GitHubは買収後もMicrosoft傘下の独立した企業として運営し「あらゆる業界の全ての開発者にオープンプラットフォームを提供していく」という。ワンストラス氏はMicrosoftのテクニカルフェローに就く。

 Microsoftのサティア・ナデラCEOは買収に当たって「Microsoftは開発者ファーストの企業。GitHubと協力し、開発者の自由、オープン性、革新へのコミットメントを強める」とコメントしている。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう