ニュース
» 2018年06月12日 17時20分 公開

エレコム、横ホイール搭載モデルも用意したマクロ対応ワイヤレスマウス

エレコムは、ハードウェアベースのマクロ機能を搭載したワイヤレスマウス計2製品を発売する。

[ITmedia]

 エレコムは6月12日、ハードウェアマクロ機能を搭載したワイヤレスマウス「M-DC01MBBK」「M-DWx01DBBK」シリーズを発表、6月下旬に発売する。

photophoto M-DC01MBBK(左)、“M-DWx01DBBKシリーズ(右)

 ともにハードウェアベースでのマクロ機能を内蔵しているのが特徴で、マクロ登録は1ステップごとの手動設定に加えて操作した通りに記録するレコーディング機能も装備した。マクロ割り当てやDPI設定などはマウス側のメモリに保存可能で、4種類のプロファイルを切り替えることができる。

 センサーとして、青色LEDセンサーを進化させたという“Ultimate Blue”光学式センサーを採用しているのも特徴。センサー解像度は最大3000カウントで、50カウント単位で任意に調節が可能だ。

photophoto

 M-DC01MBBKは、付属のUSBレシーバーによる2.4GHz帯接続とBluetooth 4.0接続の2タイプの接続方法に対応したモデルで、側面4ボタンを含む計8ボタンを搭載。ホイールなどを含め計12カ所に機能割り当てが可能だ。価格は1万6000円(税別、以下同様)。

 M-DWx01DBBKシリーズは、付属USBレシーバーを用いた2.4GHz帯に対応するモデルで、側面2ボタンを含む6ボタンに加えて横スクロール用の“サイドホイール”を内蔵した。ラインアップはSサイズの「M-DWS01DBBK」、Mサイズの「M-DWM01DBBK」、Lサイズの「M-DWL01DBBK」の3サイズを用意した。価格はいずれも1万6000円だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう