ニュース
» 2018年06月29日 16時32分 公開

CORSAIR、マザー2枚を内蔵できる特大フルタワーケース「1000D」

リンクスインターナショナルは、CORSAIR製のフルタワー型PCケース「1000D」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは6月29日、CORSAIR製のフルタワー型PCケース「1000D」の取り扱いを発表、7月7日に発売する。予想実売価格は6万9120円。

photo 1000D

 本体サイズ307(幅)×693(奥行き)×697(高さ)mmの特大筐体を採用するPCケース。マザーボードを計2枚(プライマリー側がE-ATXまで、セカンダリー側がMini-ITXに対応)と電源ユニット2基(ATX電源×1、SFX電源×1)を内蔵できるデュアルシステム対応モデルとなっている。

 両側面および天板、前面には強化スモークガラスを採用。冷却ファンは13基(前面120mm×8、天板140mm×3、背面120mmまたは140mm×2)を装着できる他、480mmサイズの水冷ラジエーターを最大4基まで内蔵可能だ。

photophoto

ドライブベイは2.5インチシャドー×5、3.5インチシャドー×6を装備。拡張スロットはプライマリー用×8、セカンダリー用×2を利用できる。またプライマリー用拡張スロットを垂直配置してドレスアップできるマウンター金具も付属する(垂直マウント用のライザーケーブルは別途必要)。

 フロントアクセスは天板側にUSB 3.1 Type-C×2、USB 3.1×4、オーディオ入出力を搭載、LED発光ギミックも備えた。

photo 組み込み時のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう