ニュース
» 2018年08月06日 15時22分 公開

Anker、350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター上位モデル「Nebula Capsule Pro」 明るさ1.5倍に

アンカー・ジャパンは、コンパクトな円筒筐体を採用したモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule Pro」を発売する。

[ITmedia]

 アンカー・ジャパンは8月6日、コンパクトな円筒筐体を採用したモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule Pro」を発表、本日から販売を開始する。価格は4万2800円。

photo Anker Nebula Capsule Pro

 手乗りサイズの円筒型筐体を採用する小型モバイルプロジェクターで、従来モデル「Anker Nebula Capsule」比で1.5倍の明るさ150ANSIルーメンを実現した。OSとしてAndroid 7.1を搭載しており、YouTubeやAmazonプライムなど各種動画視聴サイトのコンテンツを直接再生することが可能。メモリは2GB、ストレージは16GBを内蔵している。

 内蔵バッテリーの駆動時間はローカル動画再生時で約4時間(Wi-Fi利用時で約3時間)。本体サイズは約68(直径)×120(高さ)mm、重量は約470gだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう