ニュース
» 2018年08月16日 13時50分 公開

NVIDIAが第8世代GPUアーキテクチャ「Turing」を発表 Pascal世代の6倍のスピードで現実世界をシミュレート

NVIDIAはレイトレーシング用の「RTコア」とAI用の「Tensorコア」を搭載する「NVIDIA Turing GPU」アーキテクチャを発表した。Turingベースの製品は2018年第4四半期出荷予定。

[ITmedia]

 NVIDIAは8月13日(現地時間)、バンクーバーで開催されたSIGGRPAH 2018で、GPUの新アーキテクチャ「Turing」および、Turingベースのプロフェッショナル向けグラフィックスカード「Quadro RTX 8000」「同6000」「同5000」を発表した。

NVIDIA Turing GPU
Quadro RTX 8000シリーズ

 Turingは、新開発のレイトレーシング専用プロセッサ「RTコア」と、AI(人工知能)のディープラーニングに特化した「Tensorコア」を搭載。Turingのハイブリッドレンダリング機能を使うことにより物理シミュレーションでPascal世代の6倍の性能を発揮するという。

 RTコアは、現実世界での光の働きを模倣する(3D環境の中で光や音がどのように伝わるかをシミュレートする)計算で秒間最大1010GRaysを処理し、レイトレーシングのパフォーマンスはPascal世代と比較して最大25倍。Tensorコアは1秒間に最大500兆のテンソルオペレーションが行える。また、TuringベースのGPUは、最大4608基のCUDAコアを構成し、1秒当たり16兆回の整数演算と並行して、最大で16兆回の浮動小数点演算が可能としている。

Turingによるリアルタイムレイトレーシング

 NVIDIAのジェンスン・フアンCEOは、「TuringはNVIDIAにとって、コンピュータグラフィックスにおけるこの10年で最も重要なイノベーション。リアルタイムレイトレーシングの登場は、この業界にとって聖杯ともいうべきものだ」と述べている。

 TuringベースのQuadro GPUは、2018年第4四半期に出荷が開始される予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう