ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Z

「Zaurus」最新記事一覧

クラフトビール新商品:
ヤッホーブルーイング「クラフトザウルス」の狙いは?
長野・軽井沢に本社を構えるクラフトビール大手のヤッホーブルーイングが新商品を発売。軽井沢エリア限定での販売となる。(2017/7/3)

特選ブックレットガイド:
「ネジザウルス」が大ヒットした理由
社員30人の中小工具メーカーの取り組みとは?(2016/8/4)

水曜インタビュー劇場(はずす公演):
累計260万丁! 工具「ネジザウルス」がバカ売れした理由
これまで“絶対にはずせない”と思われてきたネジを、“絶対にはずす”工具「ネジザウルス」(運営:エンジニア)をご存じだろうか。工具は年間1万丁売れれば大ヒットと言われている中、ネジザウルスは累計260万丁も販売。消費者の心を“つかんだ”理由について、同社の高崎社長に聞いた。(2016/3/16)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(5):
異例の大売れ工具「ネジザウルス」、社員30人の中小企業がヒットを連発する理由
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は年間1万丁売れれば大ヒットといわれる工具業界で、累計250万丁を売り上げた大ヒット商品「ネジザウルス」を開発した工具メーカーのエンジニアの取り組みを紹介する。(2016/1/8)

シャープ「リナザウ」のカタログも時空を超えて無料配布
「シャープ製品カタログ復刻版」の第2弾として、「リナザウ」の名称でも親しまれた「Zaurus SL-C700」のカタログがGALAPAGOS STOREで無料配布されている。(2013/9/13)

組み込みLinuxの黎明期を知るリネオ:
PR:長野から組み込みを支える「これりな」の思い
小さなもの好きを魅了し、多くのエンジニアの心に残る「Linuxザウルス」。このデバイスには、リネオソリューションズが作り出したLineo uLinuxが搭載されていた。29人のエンジニアを擁するリネオは2013年“これりな”という言葉にその理念を込めた。ESEC2013を前に、エンジニアでもある同社代表取締役 小林明氏に話を伺った。(2013/4/19)

ひさびさの大ヒットになる予感──と松本副社長:
「NetWalker」はPCでなく、もちろんケータイでもない“第3の新モバイルツール”
シャープがLinux OS搭載MID「NetWalker」を発表。仕様はかつてのLinuxザウルスのようにマニア層に好まれそうだが、「それだけではない」という。(2009/8/28)

ネット時代のLinuxザウルス? シャープ「NetWalker」が狙う新市場
「ザウルスの時代からネットの時代になった」――シャープの新ネット端末は、携帯電話やNetbookユーザーの2台目需要を狙っている。(2009/8/27)

日曜日の歴史探検:
AndroidはZaurusにまたがるか
15年近くの長きにわたってビジネスマンや玄人開発者に愛されてきたシャープのZaurusが生産を停止していたことが明らかとなった。この間、シャープは何を得て、次に何をしようとしているのかを考えます。(2008/12/14)

イー・モバイル、「Zaurus」向けD01NX用ドライバを公開
イー・モバイルは、シャープ「Zaurus」向けのD01NX用ドライバを公開した。SL-C1000/SL-C3000/SL-C3100/SL-C3200の4機種でD01NXを利用できる。(2008/2/7)

6G HDDと豊富な英語コンテンツを搭載したザウルス「SL-C3200」
シャープがHDD搭載ザウルス「SL-C3200」を発表した。HDD容量は6Gバイトで、英語学習に役立つコンテンツも多数収録している。(2006/3/7)

7色の新型Zaurusをブログで販促、プレゼントも
Zaurus「SL-C3100」ユーザー7人の生活を紹介するブログが3カ月間公開される。ブログに関連するプレゼントキャンペーンも、7月末まで実施される。(2005/6/27)

豊富なコンテンツを収録──2代目HDD搭載ザウルス「SL-C3100」
シャープが4GバイトHDDを搭載したザウルスの2モデル目となる「SL-C3100」を発表。仕事や学習、趣味に役立つ19種のコンテンツが収録される。(2005/6/7)

シャープ、ビジネスツール搭載のザウルス「SL-C1000」
シャープは、ビジネスに役立つ各種ツールを搭載したザウルス「SL-C1000」を発売する。(2005/3/11)

「今、暇です」ザウルスを使った企業向けIMサービス
NTTコム、NEC、シャープは、ザウルスとホットスポットを組み合わせ、「移動中」「会議中」など現在状況を示しながら連絡が取れるソリューションを提供する。(2004/11/25)

Zaurus米国販売は「続ける」──シャープが報道を否定
Zaurus米国販売終了の報道に対し、「販売終了の決定を下した事実はない」と否定するコメントを発表した。(2004/10/22)

地デジやモバイル放送への対応も視野に〜ザウルスの今後
PCと携帯電話の中間的存在のPDAは、“どっちつかずの機器”と言われがち。HDDの内蔵は、それに対するザウルスの回答だ。今後は放送インフラにも対応したいという。(2004/10/15)

今度のザウルスは4GバイトHDD内蔵〜「SL-C3000」
新ザウルスは4GバイトのHDDを内蔵。愛称は「ギガ・ザウルス」だ。ストレージエリアが前モデルの128Mバイトから一気に30倍に増えた。WordやExcel書類は約7万枚、MP3の音楽は約700曲保存できる。(2004/10/15)

シャープ、PDA付き携帯電話「Hiptop」を共同開発へ
シャープは7月23日、北米・欧州市場向けの通信機能付きPDAを米Dangerと共同で開発すると発表した。Dangerのソフト開発力と、シャープがPDA「ザウルス」で蓄積した独自技術を融合する。(2004/7/23)

大手出版12社のPDA向け電子ブック販売サイトがオープン
角川書店、集英社、講談社など出版12社が「ザウルス」「Palm」「Pocket PC」向けに電子ブックコンテンツを販売。(2004/6/16)

“PDAが安価でつなぎ放題”の「bitWarp PDA」が旧ザウルス2モデルに対応
シャープがザウルス「SL-C750/760」向けに、無償で機器認証モジュールを提供するのに伴い、ソニーコミュニケーションネットワークの「bitWarp PDA」も、SL-C750/760で利用可能になる。(2004/6/8)

シャープ、ザウルス「C760/C750」に無償で機器認証機能を提供
シャープは6月15日から、ザウルス「SL-C760/SL-C750」の2モデル用に機器認証機能をアドオンするモジュールを無料で提供する。機器認証に対応することで、KCCSがザウルス向けに提供する、1カ月あたり1750円でつなぎ放題の安価なデータ通信サービスを利用可能になる。(2004/6/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。