調査リポート
» 2009年09月08日 14時54分 UPDATE

Flashサイトに7割が好感、一方で使いづらさ浮き彫りに

IMJモバイルが「Flashのモバイルサイトに関する調査」の結果を発表。2年前の調査に比べFlashサイトへの好感がユーザーに広がる一方、操作性や容量に関する不満も多かった。

[ITmedia]

 IMJモバイルのユーザビリティ研究所は9月7日、「Flashのモバイルサイトに関する調査」の結果を発表した。週1回以上モバイルサイトを閲覧する15〜49歳の3G端末ユーザーを対象に、8月19〜20日にかけて調査を実施したもので、有効回答数は832サンプル。

 調査では、Flashサイトを閲覧したことが「ある」と回答したユーザーは全体の56%に及んだ。FlashとHTMLサイトのどちらが好きかという問いには、「Flashが好き」「どちらかといえばFlashが好き」と回答したユーザーが72%となり、2年前の調査の65%に比べ7ポイント増加した。

 さらに、FlashサイトとHTMLサイトのイメージを比較したところ、「印象に残る」「先進性を感じる」「洗練されている」などの項目でFlashサイトがHTMLサイトのポイントを上回り、Flashサイトがインパクトや先進性でユーザーから好感を得ていることが分かった。

 一方で、Flashサイトの閲覧経験者は「サイトが重くて閲覧を中止した」(74%)、「誤って前の画面に戻ってしまった」(73%)、「前の画面に戻ろうとしたら戻りたい画面に移動できなかった」(71%)といった経験をしている場合が多いことも判明した。これらの結果から同社は、Flashサイトはブランドイメージや商品の訴求に適しているものの、ユーザーが迷わない導線作りや、少ないデータ容量でのストレスのない動きを実現する工夫が必要だと指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.