調査リポート
» 2011年08月24日 08時00分 UPDATE

働く女性の8割がスマホに関心 普及率は2割弱

働く女性のスマートフォン所有率やスマートフォンへの関心をカウネットが調査。OSや利用する機能についてもアンケートを行っている。

[ITmedia]

 働く女性の17%がスマートフォンを持ち、購入意向や興味を持つ人も合わせると全体の8割を占める――コクヨグループのカウネットが8月23日、働く女性とスマートフォンに関する調査結果を発表した。カウネットが運営する女性向け情報サイト「わたしみがき」で、有職女性を対象に7月19〜27日までアンケートを行った。有効回答数は331人。

 回答者のうち、スマートフォンユーザーは全体の17%だった。「購入したい」「興味がある」と回答した人は64%にのぼり、約8割がスマートフォンに関心を示す結果となった。


photo

 スマートフォン所有者の約4割がiOS、約5割がAndroid端末を利用していた。一方、購入意向や興味を持つ人の6割は、OSについて「迷っている・分からない」と答えている。


photo

 所有者が利用している機能としては、「Web検索」が92.9%と圧倒的に多かった。そのほか、「写真撮影」(67.9%)や「ニュースや天気予報など一般的な情報」(64.3%)、「地図や乗換案内」(62.5%)などの利用率が高かった。


photo

 同社は調査の詳細をWebサイト上で公開(PDF)している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.