ニュース
» 2012年08月28日 12時38分 UPDATE

マルチデバイス対応サイトを一元管理、クラウド利用で安価に――中小企業向けサイト構築システム「PCP」

CMS開発を手がけるミックスネットワークが、スマホやPC、フィーチャーフォンなどのマルチデバイスに対応するWebサイトを直感的な操作で構築できるプラットフォームを開発。9800円からの月額料金で提供する。

[後藤祥子,ITmedia]

 CMS(Content Management System)開発を手がけるミックスネットワークが8月30日から、クラウドを利用した中小規模サイト向けのWebサイト構築・運営プラットフォーム「PCP」(PUBLIS Cloud Platform)の提供を開始する。

 スマートフォンやタブレット端末、フィーチャーフォン、PCなどのWebサイトを一元管理し、マルチデバイスに最適化したサイト運用を可能にするプラットフォーム。OS、デバイスごとに異なるWebサイトを構築する必要がなくなるため、サイト運用のコスト削減が可能になるという。

 PCPは、Webサイトをページ単位のテンプレートではなく、ページを構成する要素をブロックとして管理するのが特徴。このブロックは、PCやスマートフォンなどのデバイス単位で切り分けて出力管理することができる。スマートフォンに特化したデザイン設定ができるほか、iOS、Android OSといったOSの違いや端末の機種を判別して出力するコンテンツを切り分けることも可能。この機能は、OSや端末ごとに異なる情報を提供する際に役立つ。

Photo PCPの仕組み

 ほかにもHTML5 に対応したスマートフォンサイトの構築に対応。ページ編集時のブロックの並べ替えをドラッグ&ドロップ操作で行えるなど、直感的な操作も特徴の1つだ。

 製品は、3エディション4プランで構成される合計12種類の基本プランが用意され、ニーズに会ったプランを選択可能。プラグインの組み合わせを変更したり、新たなプラグインを追加すれば、より業種やターゲットに最適化したサイトを構築できるという。アカウントやプランの管理、プラグインの組み合わせの変更や追加は、PCPポータルから行える。

 利用料金は、初期費用が2万9800円、月額利用料が9800円から。なお、8月30日から、初期費用を無料とするキャンペーンを実施する。

Photo 12種類の基本プランを用意
Photo 月額利用料は9800円から

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.