ニュース
» 2012年09月18日 14時53分 UPDATE

カプコン、モバイルゲーム事業でインドネシアに進出

7月の台湾に続き、インドネシアにも進出――。カプコンがアジア地域でのモバイル事業を本格化させる。

[ITmedia]

 カプコンは、インドネシアでモバイルゲーム事業を展開すると発表した。同社はこの7月、台湾に開発拠点を設立しており、アジア地域でのモバイル事業を本格化させる考えだ。

 今回、カプコンが進出を決めたインドネシアのモバイル市場は、SIMカードの加入者数が2億4000万枚を超え、近年中にも携帯電話の普及率が100%を超えるとみられるなど活況を呈している。スマートフォン比率は現時点では約10%にとどまっているが、2012年の販売台数は前年比70%増になると予想されるという。

 2012年度は、ラブインドネシアが運営するポータルサイト「Love Indonesia」向けに、携帯電話向けのJavaゲーム「ストリートファイター」など19タイトルを配信する予定。Android向けゲームについても、今年度中に2タイトル、来年度に10タイトルを投入するとしている。また、インドネシアを初めとする東南アジア向けソーシャルゲームの展開も検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.