メディア

岡安太志

岡安太志がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:

デジタル音楽配信サービス「Spotify」が5月にローンチしたプレイリスト「Gacha Pop(ガチャポップ)」が海外で人気だ。日本の音楽をごちゃ混ぜにしたプレイリストがなぜ人気なのか。

()

Q&A 45歳からのIT転職:

ミドルの転職。面接官から転職理由を聞かれたとき、どのように伝えるのが得策か。採用見送りになりがちな「きれいな転職理由」と、うまい伝え方の具体例を紹介。

()

勝算は?:

TBSテレビは7月7日、今後ゲーム事業に本格参入することを発表した。在京キー局がゲーム事業に参入することは、今回が初めてのことではない。テレビ東京、テレビ朝日、フジテレビらもゲーム事業に乗り出している。こうした動きはなぜ起きるのか、そして「勝算」はどこにあるのか――野村総合研究所のコンサルタント、滑(なめら)健作氏に見解を聞いた。

()

新商品:

日本マクドナルドは「オレオ クッキー チョコフラッペ」「マンゴースムージー」「マカロン」を7月5日から提供する。全国2000店舗以上のマクドナルド店舗に展開し、カフェ利用ニーズに応える商品力を強化する姿勢だ。同社マーケティング本部の亀井理華部長に、商品展開やプロモーションの狙いを聞いた。

()

完全セルフ式:

JR上野駅のホーム上に、「完全セルフ式駅そば」が開業する。JR東日本クロスステーション フーズカンパニーの実証実験で、米国発のフードテックベンチャー「Yo-Kai Express」(ヨーカイエクスプレス)の自動調理販売機を用いている。駅のホーム上に開業した、その狙いは?

()

佐藤可士和デザイン:

ドライバー不足に起因する、物流業界における「2024年問題」は目前に控えている。政府も「再配達率半減」を掲げ、本腰を上げる。集合住宅向けの郵便ポスト、宅配ボックスで業界トップシェアを誇るナスタは、郵便物の「受け取り」をリデザインしたプロダクトを次々と生み出している。代表取締役会長の笹川氏に、その狙いを聞いた。

()

総括マネージャーに聞いた:

小売業界で注目が高まりつつある「リテールメディア」。セブン‐イレブン・ジャパンは自社アプリを通じた広告配信に加え、22年末から店舗にデジタルサイネージを設置した広告配信の実証実験を進めている。ねらいと現状の取り組みについて、セブン‐イレブンジャパンのリテールメディア推進部 総括マネジャーの杉浦克樹氏と、協業パートナーのLMIグループ(東京都港区)の望田竜太副社長に聞いた。

()

AIで自動査定:

都心部の川崎市でも「空き家問題」は存在感を増している。川崎市では、空き家の所有者が解体にかかる費用の見積もりを簡単にできるサービスの提供を開始した。空き家所有者における解体業者選定に伴う不安を取り除き、信頼できる情報を提供する狙いだ。

()

4ブランド集約のワケ:

青山商事は5月11日、「THE SUIT COMPANY」(ザ・スーツカンパニー)を、4つのブランドを1店舗に集結したOMO型店舗「SUIT SQUARE」(スーツスクエア)へ屋号を変更した。銀座店では1500着以上を店頭に用意していたスーツを約3分の1に減らし、売り場面積も圧縮。屋号を変えるという大きな変化の裏に、どのようないきさつがあったのか。

()

エクサウィザーズ:

エクサウィザーズは、企業情報に特化した同社の検索エンジン「exaBase 企業検索」に、生成AIを活用した情報分析機能を提供することを発表した。「ChatGPT」を利用し、有価証券報告書から正確かつ新しい重要情報を抽出し、文章化する機能。上場企業の経営戦略を簡潔に要約することで、ユーザーの意思決定の迅速化を支援する狙い。

()

6月1日から:

楽天グループと東急、楽天東急プランニングの3社は、「楽天市場」のOMO店舗を渋谷スクランブルスクエアに期間限定でオープンする。計15ブランド約140商品をテーマを変えながら展示・販売する。普段オフラインで美容関連商品を購入する層の需要を取り込む狙い。

()

6月1日から:

楽天グループと東急、楽天東急プランニングの3社は、「楽天市場」のOMO店舗を渋谷スクランブルスクエアに期間限定でオープンする。計15ブランド約140商品をテーマを変えながら展示・販売する。普段オフラインで美容関連商品を購入する層の需要を取り込む狙い。

()

14の自治体で発生:

河野太郎デジタル大臣はマイナンバーカードをめぐる給付金を受け取るための口座について、別人の口座を誤登録するミスが相次いでいる一連の事案について説明した。「ログアウト漏れ」が主原因とした。人為的なミスが起きないよう、人の介在をなるべく減らす意向を示した。

()

アディダスに提供:

ZOZOは5月18日、販売サポートツール「FAANS」をアディダス ジャパンに提供開始した。FAANSはショップスタッフ向けのツールであり、ZOZOは「ファッション業界の新しい仕事道具」となることを目指す。ショップスタッフの業務効率化のほか、スタッフの「オンライン上の活躍」に対して店舗側が評価できる仕組みを提供する。

()

支店長に聞いた:

東武トップツアーズ(東京都墨田区)は、リアルとデジタルを融合した「AZLM TOBU池袋店」をオープン。日本各地のモノ・サービス・体験を発信する「地方創生をテーマにしたプロモーション特化型店舗」として展開。AZLM TOBU池袋店の責任者である持田大裕支店長に狙いを聞いた。

()

実証実験で見えた光景:

過疎地域において、既存の物流システムが破綻する未来は迫っている。エアロネクストは、「新スマート物流」の社会実装に向け実証実験を進める企業の一つ。同社代表に、ドローン配送の「インフラ化」に至るまでの展望と課題、自治体に求められる役割について聞いた。

()

実証実験の手ごたえは:

トーハンはスタートアップ企業のNebraskaと提携し、3月20日から同社グループの書店で、有人・無人のハイブリッド24時間営業の実証実験を行っている。実証実験の開始から約3週間が経った現時点で、前年と比較して10〜20%増収しているという。ネットでは「治安がいいから成り立つのでは」という反応も上がっている。こうした反響はどう捉えている?

()