インタビュー
» 2019年09月21日 05時00分 公開

ホリエモンが糖尿病の「不都合な真実」をホラー映画で訴える理由堀江貴文が語る「予防医療」(6/6 ページ)

[今野大一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

政治家への働きかけが重要

鈴木: 私たちもこういう場がないと全く知り合わない先生とたくさん知り合いになれたりしています。HPVについても産婦人科の先生からいろいろな情報をもらえていて、とても意義深いですね。

堀江: そう。どんどん情報を得られるので、いろいろなことにめちゃくちゃ詳しくなった。

鈴木: 堀江さんは下手な医者よりもかなり詳しい情報を持っていますよね。

堀江: 予防という観点で言えば詳しいかもしれない。あとはオンラインサロンで「YOBO−LABO」というのをやっています。

鈴木: いわゆるサロンという同じ目的を共有したいという人たちが集まってイベントもやっているのです。

堀江: この間のYOBOフェスでもやっていましたよね。このオンラインサロンの収益が協会を支えています。そんなに収益源がないのでかなり大変なのですが、検査キットと本とサロンの売上が活動を支えています。もう一つは、前編でも言ったように政治への働き掛けが非常に大事。今日の話で問題意識を感じられた方は、ぜひ最寄りの選挙区の政治家の方に文句を言ってほしい。圧力をかけてください。自分の選挙区の有権者には彼らは非常に弱いので、「そんなことを言っていたら、次はあなたに投票しませんからね」と言うと非常に効きます。

会場: (笑)。

堀江: 政治家ってすごく遠いように見えますが、実はめちゃくちゃ近いので、「あなたの選挙区の有権者ですよ」と言ったら絶対話を聞いてくれますからね。

鈴木: 大事な一票ですからね。

堀江: 議員会館に行くと、陳情に来ている人が結構いるのです。やはり行動する人には弱い。皆さんが全員「YOBO−LABO」に入ってもらえたら、予防医療普及協会は盛り上がります。1カ月に1回は六本木でこのようなトークイベントを開催しています。9月24日はハヤカワ五味さんとの対談や、10月16日にはライザップの社長との対談を予定しています。

 YOBOフェスのようなイベントもやっていますし、これから予防専門のクリニックを作る話もあります。先ほど申し上げたように糖尿病予防啓発の映画を作る予定もあります。皆さん、ぜひ入ってみてください。

phot 一般社団法人 予防医療普及協会オンラインサロン「YOBO-LABO」では、医療関係者の他、一般の人も交えて交流する場が設定されている。
phot 10月16日にはRIZAPの瀬戸健社長との対談も予定している
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -