ITmedia NEWS >
連載
» 2010年04月22日 08時30分 公開

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:スマートフォンでは出色の出来――「Xperia」の“予想外な”カメラ機能 (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

画質はかなりよし

 では撮ってみよう。久しぶりに象の滑り台を撮りに行ったら……目がなくなっていた。ちょっと不気味。

photo
photophoto

 色、描写ともにケータイやスマートフォンのカメラとしてはトップレベル。周辺の画質劣化も少ないし、色も悪くない。ディテールはちょっとつぶれているけど、ピクセル等倍で本職デジカメと比較しようなんて思わなければ問題ないだろう。

 正直なところ、今までのスマートフォンでカメラに力を入れた高画質モデルはあまり見なかった。だからいい意味で予想外。

 なかなかよく撮れたので、桜の写真をあと2枚ほど。

photophoto

 マクロ撮影は、マクロモードにすると約8センチまで寄れた。撮影モードをシーン自動認識にすれば自動的にマクロモードに切り替わるし、標準モード時はAFをマクロモードに切り替えればいい。

photophoto 桜をマクロで(写真=左)。こちらはシーン自動認識を使ってマクロ撮影(写真=右)
photo チューリップ。赤が完全に飽和している。彩度は高めなので、真っ赤すぎるとこんなことに。

 花ばかりでは何なので、猫の写真を。

photo

 次は室内で撮影した。

photophoto ちょっと暗めの室内で料理を撮影(写真=左)。昼白色のLED電球の照明で。シャッタースピードは約1/8秒。ISO200。意外にISO感度は上がらない(写真=右)

 室内ではなかなかISO感度が上がらずシャッタースピードが遅くなるので、手ブレしないよう注意が必要だ。ただ、Xperiaは電子式の手ブレ補正機能を持っているので、室内ではこれをオンにするといい。

photophoto 手ブレ補正オフ。オフのときはシャッタースピード約1/8秒あたりを目安に、ゆっくりとISO感度が上がる(写真=左)。手ブレ補正オン。オフのときと比べてISO感度が高めになる。これはISO1250で1/15秒。確かにブレてない。これは使える(写真=右)

 動画はワイドVGAが最大で、ファイルフォーマットはMP4。こちらもなかなか高画質だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.