ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「Xperia(SO-01B)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Xperia(SO-01B)」に関する情報が集まったページです。

ゲオモバイルが1月11〜13日に週末限定セール iPhone 7が約2万円に
ゲオは、1月11日〜13日に全国のゲオモバイル23店舗で「週末限定セール」を開催。各キャリアの「iPhone 7」やauの「Xperia XZs SOV35」など、対象商品を最大30%オフで提供する。(2020/1/10)

auの「Xperia 1」がAndroid 10にバージョンアップ 1月7日18時から
KDDIが1月7日18時から「Xperia 1 SOV40」に対する「Android 10」へのバージョンアップデータを配信する。適用することで、電話やクイックパネル、電源ボタン、カメラなどの設定が改善される。アップデートファイルサイズは約1.0GBで、Wi-Fiの利用が推奨される。(2020/1/6)

ムスビー、2019年中古スマホ取引数ランキングを発表 年間1位は「iPhone 7」
ムスビーは、2019年の年間中古スマホ取引数ランキングを発表した。1位は「iPhone 7」で、9位までiPhoneシリーズが占める。2019年12月の総合ランキングでもiPhone 7が1位となり、Androidランキングでは「Xperia XZ SO-01J」が1位となった。(2020/1/6)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(6月編):中の人に聞く「Xperia 1」/超小型スマホにニーズはある?
6月にソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」は、いつも通り(?)日本でも3キャリアから発売されました……が、グローバル発表時とは違った意味で注目を集めました。それは「ストレージ」です。(2019/12/23)

PR:話題のSIMフリースマホを特価販売&プレゼント!IIJmioの年末年始キャンペーン
IIJは、SIMロックフリースマートフォンを特価で販売するキャンペーンと、抽選でプレゼントするキャンペーンを2019年12月20日から実施する。OPPOやXperiaなど、人気のSIMフリースマホをお得に入手するチャンスだ。(提供:IIJmio)(2019/12/20)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(2月編):折りたたみスマホが続々登場/Xperia新モデル登場
2019年2月は、折りたたみ(フォルダブル)スマホ祭り。そんな中でも、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」の新モデルに関する記事も人気でした。(2019/12/18)

楽天モバイル、端末特価キャンペーンに「AQUOS sense3 lite」「Xperia Ace」などを追加
楽天モバイルが、新規契約や機種変更を対象とした期間限定価格販売に新機種を追加。新たに「AQUOS sense3 lite」「arrows RX」「Galaxy A7」「Xperia Ace」「Galaxy A7」が加わる。(2019/12/4)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 5」と「Xperia 8」のカメラ機能はどう違う?/Xiaomiは日本で何を出す?
外観的な特徴が似ているハイエンドスマホとミドルレンジスマホ。カメラを撮り比べてみると、以前ほど大きくはないものの、やはりまだ「差」はあります。(2019/12/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia 5」と「Xperia 8」のカメラで撮り比べ 画質の差はどれだけある?
今回はハイエンドの「Xperia 5」と、ミッドレンジの「Xperia 8」を同時にレビュー。ハイエンド機が高機能でめちゃきれいな写真を撮れるカメラを持っているからといって、ミドルクラスやエントリークラスの端末でも同じ画質を楽しめるのか。人物、料理、紅葉、夜景、自撮りなどで比較してみた。(2019/12/1)

携帯販売ランキング(11月11日〜11月17日):
ドコモの「AQUOS sense3」が総合3位に上昇、「iPhone 11」に割って入る
トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で6連勝。iPhone 11が並ぶ中でドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」が3位に上がってきた。同じくドコモの「Xperia 5 SO-01M」は8位に。(2019/11/23)

携帯販売ランキング(11月4日〜11月10日):
ドコモの「AQUOS sense3」が総合5位に上昇、「Xperia 5」は7位にダウン
前回、発売すぐに総合ランキングトップ10に登場したNTTドコモの秋モデル2機種は引き続きトップ10内にとどまった。トップ4は「iPhone 11」が独占している(2019/11/16)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が好調な滑り出し/「Galaxy Fold」に24万円(税込み)の価値はある?
ここ数週間、ソフトバンクやauのiPhone 11シリーズの売れ行きが好調です。そんな中、NTTドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が発売3日間だけの売り上げで「携帯販売ランキング」のトップ10入りを果たしました。(2019/11/11)

携帯販売ランキング(10月28日〜11月3日):
ドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が発売即トップ10入り
2019年11月1日発売のNTTドコモの秋モデル2機種がいきなりトップ10入り。「Xperia 5 SO-01M」3位、「AQUOS sense3 SH-02M」は8位。(2019/11/9)

携帯販売ランキング(10月21日〜10月27日):
「Galaxy Fold」はランクインならず 「Xperia 5」や「Pixel 4」の順位は?
前回に続いて「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」による独占を阻止したのは、NTTドコモ「arrows Be3 F-02L」だった。話題の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」はランクインせず(2019/11/3)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンク秋冬モデルの戦略を解説 ハイエンドが多く、ミッドレンジが少ない理由は?
ソフトバンクは秋冬モデルで、他社も導入している「Xperia 5」「AQUOS zero2」「AQUOS sense3 plus」に加え、2画面端末になる「LG G8X ThinQ」をそろえた。これらに加え、同社が強烈にプッシュしているのが「Pixel 4」「Pixel 4 XL」だ。秋冬商戦に対する同社の戦略を聞いた。(2019/10/26)

UQ mobile、10月25日に「Xperia 8」発売 MNPなら1万8000円引き
UQ mobileは、10月25日に21:9の6.0型液晶ディスプレイやデュアルカメラを搭載した「Xperia 8」を発売。価格は5万5440円(税込、以下同)で、36回払いの場合は月1540円、24回払いの場合は月2310円となる。(2019/10/23)

クリエイター向けの特別モデル「Xperia 1 Professional Edition」登場 SIMフリーで14万3000円(税別)
ソニーが「Xperia 1 Professional Edition」を10月25日に発売する。クリエイター向けにカスタマイズした特別仕様のモデル。1台ずつ測定器で色温度を調整し、USB Type-C経由で有線接続できる機能も備えた。デュアルSIMに対応し、ストレージは128GBを内蔵する。(2019/10/23)

auの「Xperia 5」「Xperia 8」、10月25日に発売
KDDIは、10月25日に「Xperia 5」「Xperia 8」を発売する。「Xperia 5」はHDR対応有機ELのシネマワイドディスプレイを備え、トリプルレンズカメラを搭載。「Xperia 8」は「マルチウィンドウ」に対応し、約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラも備える。(2019/10/18)

Y!mobileの「Xperia 8」、10月25日に発売 ヘッドフォン&PayPayボーナスのプレゼントキャンペーンも
ソフトバンクは10月25日、Y!mobileブランドで「Xperia 8」を発売。抽選で8888人にソニー製のヘッドホンやイヤホンが当たるキャンペーンや、購入者へ1000円相当のPayPayボーナスプレゼントも行う。(2019/10/18)

ソフトバンクが秋冬モデル発表 「Xperia 5」「AQUOS zero2」、LGの2画面化できるスマホなど
ソフトバンクが10月17日、2019年〜2020年秋冬商戦向けの新製品を発表。2019年10月25日から順次発売する。ラインアップはスマートフォン「Xperia 5」「LG G8X ThinQ」「AQUOS sense3 plus」「AQUOS zero2」の4機種に、「キッズフォン2」を加えた計5機種。(2019/10/17)

UQ mobileの秋冬モデル発表 「Xperia 8」「OPPO A5 2020」「AQUOS sense3」「Galaxy A20」の4機種【写真追加】
UQコミュニケーションズが、MVNOサービス「UQ mobile」向けに新機種を発表。ラインアップは「Xperia 8」「OPPO A5 2020」「AQUOS sense3」「Galaxy A20」。いずれもSIMロックフリーで、10月下旬以降に順次発売する。(2019/10/15)

小型ボディーに21:9ディスプレイを搭載した「Xperia 5」、ドコモが11月1日に発売
ドコモがソニーモバイルの「Xperia 5」を11月1日に発売する。アスペクト比が21:9、約6.1型の有機ELディスプレイを、約68mmのスレンダーなボディーに搭載した。背面には広角+超広角+望遠の3眼カメラを搭載する。(2019/10/11)

auがミッドレンジの「Xperia 8」を発売 5万円台、シンプル仕様のホームも
KDDIがソニーモバイルの「Xperia 8 SOV42」を10月下旬以降に発売する。価格は5万円台の予定。Xperia 1や5の特徴を継承しつつも、カメラやプロセッサなどのスペックを抑えたミッドレンジモデル。アスペクト比が21:9と縦長の約6.0型フルHD+液晶を搭載する。(2019/10/10)

目玉は「Galaxy Fold」:
「Galaxy」「Xperia」に「AQUOS」も auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表
auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表した。目玉は、日本では独占提供となる「Galaxy Fold」だが、ハイエンドからエントリーモデルまでバランスよく取りそろえていることが特徴だ。(2019/10/10)

「Xperia 5」がauから登場 幅68mmボディーに6.1型有機ELや3眼カメラを搭載
KDDIが「Xperia 5」を10月下旬以降に発売する。価格は9万円台(税込み)の予定。縦に長い21:9のディスプレイを、幅68mmのボディーに搭載した。背面にはトリプルカメラを搭載し、映画品質をうたう動画の撮影が可能な「Cinema Pro」アプリも用意した。(2019/10/10)

PS4、Android端末でのリモートプレイがXperia以外でも可能に 10月8日のアップデートで
パーティー機能への最大参加人数が16人に増える改善も。(2019/10/7)

Y!mobileの秋冬モデルは“価格”重視 「2万円以内の端末割引」も適用
ソフトバンクが10月7日、Y!mobileブランドでの2019年秋冬モデルを発表した。新機種はミッドレンジを中心にそろえ、端末割引を含めると、1万円未満で購入できるモデルもある。Y!mobileでは初となる「Xperia 8」も投入する。(2019/10/7)

Y!mobileが2019年秋冬商戦向けスマホを発表 「Xperia 8」など4機種
Y!mobileが、2019年秋冬商戦向けのスマートフォンを発表した。Y!mobileブランド初の「Xperia」を始めとする4機種が、順次発売される。(2019/10/7)

Y!mobileが取り扱い:
ミッドレンジの「Xperia 8」登場 21:9の6型液晶やデュアルカメラを搭載【写真追加】
ソニーモバイルコミュニケーションズが10月7日、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia 8」を発表した。また同日に、ソフトバンクがY!mobileブランドで取り扱うことを発表した。21:9の6.0型液晶ディスプレイや、広角+望遠のデュアルカメラを搭載する。(2019/10/7)

2019年9月中古スマホランキング 国内版SIMフリー「iPhone 7」が2カ月連続1位に
ムスビーは、2019年9月中古スマホ・携帯ランキングを発表。国内版SIMロックフリーの「iPhone 7」が2カ月連続で1位を獲得し、Androidスマートフォン部門でもauの「Xperia XZ3 SOV39」が3カ月連続で1位となった。(2019/10/2)

「Xperia Ace」の販路拡大 IIJmio、mineo、goo Simseller、nuroモバイルが取り扱い
MVNOサービスのIIJmio、mineo、goo Simseller、nuroモバイルが、「Xperia Ace」を取り扱う。カラーはブラックとホワイトの2色。いずれもSIMロックフリーで販売される。(2019/9/24)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ5機種で撮り比べ(後編) ポートレート、料理、夜景で対決
2019年夏モデルのカメラ機能を比較するレビュー。使ったのは「Xperia 1」「AQUOS R3」「Galaxy S10+」「HUAWEI P30」「Reno 10x Zoom」の5機種。後編ではポートレート、料理、夜景を試した。(2019/9/24)

「Xperia 5」は万人受けする持ちやすさが魅力 実機レポート
「Xperia 5」は、「Xperia 1」の特徴を踏襲しつつ、より多くのユーザーに向けたモデルだ。日本でも発売予定ということもあり、どこが変わったのかが気になるところ。本記事では、写真を交えて詳細をレポートする。(2019/9/19)

石野純也のMobile Eye:
Xperiaは「好きを極める」製品に ソニーモバイル岸田社長に聞く“反転攻勢”の道筋
ソニーモバイルは「Xperia 1」でラインアップを一新し、IFA2019ではよりコンパクトな「Xperia 5」を発表した。同社がラインアップを一新した背景には、Xperiaが各国の市場で苦戦している現状がある。今後のXperiaはどうなるのか? 岸田光哉社長に聞いた。(2019/9/9)

どれもSIMフリー:
「Galaxy」「Xperia」や「arrows」も――楽天モバイルがMNOサービス対応端末を順次発売【写真追加】
10月1日から開始するMNOサービスに合わせて、楽天モバイルが10月から順次新端末を発売する。いずれもSIMロックフリーで、既存のMVNOサービスでも利用できる。(2019/9/6)

楽天モバイルが「Xperia Ace」を取り扱い SIMフリーで
楽天モバイルがミッドレンジ「Xperia Ace」の取り扱いを発表。MNOとMVNOの両方で発売する。5型ディスプレイを搭載したコンパクトなモデル。防水やおサイフケータイにも対応する。(2019/9/6)

IFA2019:
「Xperia 5」と「Xperia 1」のスペックを比較する サイズ以外の違いは?
ソニーモバイルの「Xperia 5」が発売された。デザインやスペックは「Xperia 1」と共通する部分が多い。2機種の違いをあらためてまとめた。(2019/9/5)

ソニー、「Xperia 5」発表 コンパクトで軽いフラグシップモデル 今秋以降発売
6.1型でアスペクト比21:9のワイドスクリーンに、米QualcommのハイエンドSoC「Snapdragon 855」を搭載する。(2019/9/5)

IFA2019:
「Xperia 5」発表 21:9ディスプレイや3眼カメラをコンパクトボディーに凝縮
ソニーモバイルが、IFA2019に合わせて「Xperia 5」を発表。「Xperia 1」のDNAを受け継ぐ機能をコンパクトなボディーに凝縮させた。今秋以降、日本を含む国と地域で投入する。(2019/9/5)

IFA2019:
ソニーがプレスカンファレンスを開催 日本時間で5日20時から 次期Xperia登場か
ソニーが、ドイツのベルリンで開催される「IFA2019」に合わせ、プレスカンファレンスを開催する。日本時間では9月5日20時からの予定。ソニーのWebサイトで中継する。(2019/9/5)

ムスビーの2019年8月中古スマホランキング SIMフリー「iPhone 7」が再び1位に
ムスビーは、2019年8月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMロックフリーのiPhone 8に代わり、iPhone 7が1位に。auの「Xperia XZ3 SOV39」が11位から7位にランクアップしている。(2019/9/3)

携帯販売ランキング(8月19日〜8月25日):
「iPhone 8(64GB)」の80週連続1位まであと1週に
au「iPhone 8(64GB)」が6連勝。iPhone 8(64GB)としては、79週連続1位。ドコモは今週も「Xperia Ace」が唯一のトップ10入り。(2019/8/31)

ゲオモバイルが「週末限定セール」開催、iPhone 8が3万円台半ばに
ゲオは、8月31日・9月1日に全国のゲオモバイル21店舗で「週末限定セール」を開催。ソフトバンクのタブレット「Lenovo TAB 3 601LV」やauの「Xperia XZs SOV35」など、対象商品を最大30%オフで提供する。(2019/8/30)

携帯販売ランキング(8月12日〜8月18日):
ドコモが苦戦? 総合トップ10ランクインは「Xperia Ace」のみ
au「iPhone 8(64GB)」が5連勝。3週続いて1位から5位をiPhone勢が占めている。トップ10の中でドコモ勢は9位の「Xperia Ace SO-02L」のみとなっている。(2019/8/24)

3キャリアの「Xperia 1」でソフトウェア更新 タッチパネルやカメラの動作を改善
ドコモ、au、ソフトバンクの「Xperia 1」でソフトウェア更新を実施している。タッチパネルの一部が反応しにくい場合がある不具合が改善される。また、最新のセキュリティパッチが適用される。(2019/8/20)

携帯販売ランキング(7月29日〜8月4日):
総合ランキング、au「Galaxy A30 SCV43」が初のトップ10入り
トップは変わらずau「iPhone 8(64GB)」が3連勝。au「Galaxy A30 SCV43」が10位に入った。好調のau「Xperia XZ3 SOV39」は6位にダウン。(2019/8/10)

ミッドレンジ並みの4万円台 auの「Xperia XZ3」が売れている理由
auの「Xperia XZ3」が販売ランキング上位をキープしている。売れているのは、ずばり価格が安いから。ミッドレンジ並みの4万3200円(税込み)で販売されている。(2019/8/5)

フジロックでソフトバンクの「5Gプレサービス」を体験 XperiaとAQUOSの5Gスマホもチェック
ソフトバンクが、フジロックで5Gのプレサービスを実施した。商用サービスとは周波数帯が異なり、コアネットワークもプレサービス専用のものだったが、来場者は5Gを通して配信された映像やVRコンテンツを楽しむことができた。5G電波の送受信に使うスマートフォンも披露された。(2019/7/29)

2019年7月25日(木)〜 2019年9月30日(月):
耳をふさがないイヤホン、SONYオープンイヤーステレオヘッドセット/BoCo骨伝導イヤホンが当たる「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、ソニーモバイルコミュニケーションズのワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo(XEA20)」もしくはBoCoのワイヤレス骨伝導イヤホンヘッドセットタイプ「FIT BT-1」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!(2019/7/24)

携帯販売ランキング(7月8日〜7月14日):
「Xperia 1」が総合ランキングから再び姿消すも、XZ3やAceが好調
トップはソフトバンク「iPhone 8(64GB)」の6連勝。前回総合ランキング復帰の「Xperia 1 SO-03L」は再びトップ10外に後退。(2019/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。