ITmedia NEWS >
連載
» 2014年05月23日 11時00分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第176回 観光地スナップの人と背景の関係 (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

自転車に乗ってみた

 あとはその応用。

 観光地へ行くとどうしても観光的な目線でみちゃって、どこで撮ったかが一目瞭然な写真ばかりになりがちだけど、古い街並みだからこそ残ってるちょっとした雰囲気のある空間も使いたい。

 塀と蔵に挟まれたすごく狭い通路で1枚。広角気味で少し上から撮ることでその狭さが強調される。

photo

 道ばたにあったちょっとした休憩所というか待合いスペースというか、そんないい感じのベンチがあったので休憩がてら。こんななんてことない場所でもうまく切り取ることで雰囲気のある写真を撮れる。

photo 少し上から見下ろして
photo すだれがいい感じだったので、それだけを背景に撮ってみた

 なんてことない、でも身近にはあまりない空間を見つけるのも楽しさのひとつ。

 さて、今回、行ってみて初めて知ったのだが、「川越市自転車シェアリング」なるサービスがはじまってたのだ。これは便利、というわけでさっそく利用。

 では出発、という感じで少し上から撮ってみた。

photo

 さあついたぞ、という感じで少し下から撮ってみた。

photo

 面白いもので、自転車って少し下から撮った方が迫力が出てよい感じになる。

photo
photo

 そして目的地に到着。

 ただ到着しました、って写真ではつまらない。

photo やっと到着したーって感じ

 せっかくだからもっと楽しげに、達成感のある感じにしてみた。

photo 縦位置にして主役がはっきりわかるように

 以上。

 今回は、広角か望遠か、背景と被写体と自分の距離感、撮影するときの高さ、背景と被写体のバランスを考えた絞り、などなど清く正しい観光写真を考えてみた次第。観光地へ行くときの参考になれば幸いです。

(モデル:小林眞琴,オスカープロモーション)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.