ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年09月17日 08時30分 公開

5年ぶりのリニューアル:劇的に進化したAPS-C一眼レフ「EOS 7D Mark II」詳報 (2/2)

[野村シンヤ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

7D Mark IIはターゲットユーザーを6ジャンルに絞ってプロモーション

八木耕一氏 新製品のマーケティング戦略について語るキヤノンマーケティングジャパン株式会社 常務執行役員 イメージングシステムカンパニープレジデント 八木耕一氏

 今回発表された新製品のプロモーションについては、EOS 7D Mark IIは明確な撮影対象を持つユーザーをターゲットとし、「野鳥」「鉄道」「飛行機」「スポーツ」「野生動物」「モータースポーツ」の6分野にフォーカスをあてて展開する。6ジャンル・7種類の製品カタログを配布し、そのジャンルに精通した写真家が講師となるスペシャルセミナーを東京(9月26日、27日、28日)、大阪(10月5日、6日、7日)で開催する予定だ。

EOS 7D Mark IIEOS 7D Mark II 特に「野鳥」「鉄道」「飛行機」「スポーツ」「野生動物」「モータースポーツ」の6分野が活躍の中心とする
EOS 7D Mark IIEOS 7D Mark II 活躍の中心となる6ジャンルのユーザーをターゲットにする

 また、WebでエントリーしてEOS 7D Mark IIを購入した先着1万人にバッテリーグリップ「BG-16」をプレゼントし、EFレンズ1億本記念キャンペーンとして対象製品を購入すると3万円のキャッシュバックを行う。

EOS 7D Mark IIキャンペーンEOS 7D Mark IIキャンペーン 購入者先着1万人にバッテリーグリップ「BG-E16」をプレゼント。またEFレンズ累計生産本数1億本を記念して3万円のキャッシュバックも行う

 PowerShot G7 Xは旅行に出かける50歳以上の年齢層をターゲットとし、WOWOWと協業して「映画を巡る旅」と銘打った映画の特集企画と連動した広告を展開。同時に購入宣言して購入したユーザーに対し、旅に役立つアイテムをプレゼントする「Great Journey Campaign」を用意する。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.