視覚障害者にも安全な案内を――Beacon×Watsonで生まれた音声ナビの実証実験スタート清水建設と日本IBM、三井不動産の3社が協力(2/2 ページ)

» 2017年01月27日 07時00分 公開
[池田憲弘ITmedia]
前のページへ 1|2       

実際にアプリを使うデモも披露

 1月26日に行われた発表会では、実際のアプリケーションを使い、視覚障害者、車いすユーザー、外国人の利用を想定したデモも披露された。

photophotophoto 視覚障害者、車いすユーザー、外国人の利用を想定したデモが披露された。視覚障害者用メニューのデモでは、アプリの開発に携わり、自身も視覚障害者である日本IBM東京基礎研究所 IBMフェローの浅川智恵子氏が実演している
photo ナビゲーションシステムに従い、コレド室町の中をスムーズに進んでいく浅川氏

 視覚障害者用メニューのデモでは、アプリの開発に携わり、自らも視覚障害者である日本IBM東京基礎研究所 IBMフェローの浅川智恵子氏が実演。東京メトロ銀座線「三越前駅」の地下歩道付近から、コレド室町内の施設に向かうというもので、途中で少し壁に当たる場面もあったが、幅2メートル弱の通路をトラブルなく進んでいった。

 「視覚障害者には本が読めないという情報の壁と、一人で外出できないという移動の壁という2つの壁がある。今回の実証実験のゴールは視覚障害者が街歩きを楽しむこと。2020年にこの技術が東京中に広がって、世界のロールモデルになることを願っている」(浅川氏)

 2月8日から始まる実証実験に参加するには、iOS 10以降を搭載したiPhone(6以降、SEを除く)で、App Storeから配信されるナビゲーション用アプリ「NavCog」(無料)をダウンロードする。今後は参加者のアンケートから、位置精度、音声案内のタイミング、分かりやすさなどを評価し、サービスや技術の課題をシステムに反映させていくとしている。

関連キーワード

障がい者 | IBM | 実証実験 | 三井不動産 | Beacon | IBM Watson


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR