ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Beacon」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Beacon」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
BLEビーコンを活用した所在管理システム対応のIoTゲートウェイ発表
ぷらっとホームは、BLE通信に特化したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT DX1」を発表した。同社の「OpenBlocks IoT BXO」の後継機で、「NXP i.MX 8M Plus QuadLite」を搭載し、1.2GHzの動作速度と低消費電力を両立した。(2024/2/26)

スマートビル:
オープン化で次世代の「ビルOS」構築 パナソニックと福岡地所が実証実験
パナソニック エレクトリックワークス社と福岡地所は、福岡市内で「次世代オープンビルプラットフォーム(ビルOS)」の実証実験を行っている。ビルOSを活用して管理スタッフの位置情報データAPIを生成。このデータをもとに業務管理アプリを開発して有効性を検証する。建物内の設備や人などの情報を統一的なAPIにより外部に提供する、新たな建物モデルの構築を進める。(2024/2/19)

スマートメンテナンス:
コンクリ型枠内部の温度や圧力を“残置物無し”で自動計測、Wi-Fiで遠隔地でもモニタリング
Momoは、コンクリート型枠内部の温度や圧力の自動計測する「PコンPalette」を発売した。IoTセンサーとビーコンを内蔵し、コンクリート型枠内のセンシングでも残置物ゼロで、温度や締め固め圧力のデータを計測し、Wi-Fiを介して送信する。(2024/2/1)

CODE BLUE 2023レポート:
リサーチャーが徹底分析 脅威アクターAmoeba(アメーバ)の実態とその手口を解き明かす
TeamT5は中国の後ろ盾を得て全世界で攻撃を展開している脅威アクター「APT41」(通称:Amoeba)を詳細に分析した。彼らの攻撃手段や戦術、細かな工夫からその狙いを解説しよう。(2024/1/19)

前編:
「2024年問題」だけじゃない! 小売業界が直面するいくつもの重要課題
小売にもテクノロジーの浸透が進む。一方で、デジタルを活用した画期的と目されるサービスや企業が頭打ちになるニュースも多い。そうならないために、目を向けるべき課題と取るべき施策とは何か。小売業界に精通する筆者が解説していく。(2023/12/28)

富士通株式会社提供Webキャスト
映像+AIで製造業の現場DXを加速、高精度な位置測位による実現方法とは?
工場の人の動線改善やモノの位置把握を目的に、位置測位システムを導入したものの、精度の低さや運用の大変さに悩むケースは多い。そこで注目したいのが、高精細な映像とAIを活用した人やモノの位置を高精度に検出するソリューションだ。(2023/12/28)

デジタルツイン:
日建設計とデンソーウェーブ、リアルタイム人流計測システムを開発 時系列を加えた4Dデジタルツインへ
日建設計とデンソーウェーブは、3D-LiDARを用いたリアルタイム人流計測システムを共同開発した。賑わい創出に向けた都市空間の評価や設備の省エネ制御、災害時の避難誘導などに活用する。(2023/12/4)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【前編】
次世代無線LAN「Wi-Fi 7」製品が早くも登場 気になる進化は?
次世代の無線LANとして注目を集める「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の製品群を、Nokiaが発表した。Wi-Fi 7で追加された新機能はネットワークにどのような変化をもたらすのか。(2023/11/30)

ゲーミングキーボード/マウスに使える超低遅延機能を搭載:
PR:Bluetoothを普及に導いたCMOS RFを受け継ぐインフィニオン、次世代規格を先取りした製品を投入
インフィニオン テクノロジーズは、登場間もないBluetoothを普及に導いたCMOS RF技術を受け継ぎ、今も最新バージョンに対応するBluetoothデバイスを展開している。2023年には最新バージョンの「Bluetooth 5.4」に対応した新製品を投入。次世代バージョン「Bluetooth 6.0」での対応が見込まれる超低遅延機能を先取りして搭載し、Bluetoothの活用範囲をさらに広げるデバイスとして注目を集めている。(2023/10/25)

「モノを売る」だけの時代は終わった:
小売業は「2050年問題」にどう立ち向かうべきか 王者ウォルマートの戦略から読み解く
既に人口減や高齢化といった言葉を耳にすることが多い日本。これからさらに事態が深刻化していくことは明白だ。特に小売業では、これまで店舗網の拡大を成長のドライバーとしてきたが、もはや従来の手法では頭打ちを迎える。では、どうするべきなのか。(2023/9/29)

現場管理:
戸田建設と村田製作所、作業者安全モニタリングシステムに新機能
戸田建設と村田製作所は、ヘルメット取り付け型センサーを用いた「作業者安全モニタリングシステム」に新機能を追加した。危険エリア侵入検知機能とWi-Fi通信対応機能を新たに加えている。(2023/8/30)

GA4+BigQuery ウェブ分析基盤の活用入門(4):
GA4+BigQueryでメール開封率を分析しよう:SendGrid/Cloud Functionsの設定と活用
今回は、BigQueryでメール開封率を算出する方法を解説します。GA4単体では測定できないため、メールサービスであるSendGridを利用します。またGoogleクラウドのCloud FunctionsによりBigQueryへの開封率データ保存を自動化する方法を解説します。(2023/8/25)

スマートシティー:
渋谷のスマートシティーを目指し、渋谷駅周辺にAIカメラ100台設置
Intelligence Designは、都市部のスマートシティー化を目的に、第一弾で渋谷駅周辺にエッジAIカメラを100台設置し、リアルタイムで人流データを取得して、街づくりの事前事後評価などに役立てる。(2023/8/8)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(4):
建設現場の“酷暑”を乗り切れ 熱中症対策など安全衛生を支援する建設ICT【第4回】
本連載では、建設業向けにICT製品を展開している日立ソリューションズの販売チームが、それぞれの専門分野を生かして執筆します。連載第4回は、年々厳しさが増す酷暑の中で、熱中症対策をはじめとする建設現場の安全衛生を確保する各種IoTデバイスについて解説します。(2023/7/21)

日本ものづくりワールド 2023:
「製造業で使えるSLAM」を提供、データ処理の重さを軽減したスタートアップの技術
Kudanは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、SLAM技術を活用した製造業向けのソリューションを提案した。SLAMを軸に、AMRに搭載する自律走行ソリューションや、設備や資産を屋内外でシームレスに位置検知できるソリューションなどを展示した。(2023/6/28)

ワークプレース:
パナソニックEW社が関西圏オフィスで初の“WELL認証ゴールド”を取得したオフィスを公開
パナソニック エレクトリックワークス社は、関西圏のオフィスで初となるWELL認証でゴールドを取得した大阪府門真市内のオフィスを公開した。人の心と身体の健康に気を配った執務環境を構築し、社員の働きやすい環境を整えて生産性向上を図る。今後はノウハウを生かして、他企業へWELL認証取得をサポートするサービスに力を入れる。(2023/6/5)

侵入後の検知スピードは向上も油断大敵? マンディアントが年次脅威レポートを公開
マンディアントは年次脅威レポート「M-Trends 2023」の日本語版を公開した。サイバー攻撃者の最新動向から企業が今やるべきセキュリティ対策がみえてきた。(2023/5/31)

自動車工場やオフィス、車内空間を変える!:
PR:インフラ不要の地磁気による屋内測位技術/超薄型の無線給電用コイル ―― 未来を変えるTDKのテクノロジー
わずかな初期投資で屋内の人やモノの動きを捉えることのできる屋内測位技術と、広い充電エリアをカバーする薄さ0.76mmの無線給電用コイル――。未来をより良いものに変えると期待される、TDKの最新テクノロジーを紹介する。(2023/5/22)

.NEXT 2023 レポート:
Nutanixが新サービスを発表 ハイブリッド/マルチクラウド時代の課題解決へ
Nutanixが新たなサービスを発表した。ハイブリッド/マルチクラウドに注目が集まる中、新サービスはどのような役割を果たすのだろうか。(2023/5/10)

セガ、「Angry Birds」開発元を買収 約1037億円で
セガサミーホールディングスは4月17日、子会社の英SEGA Europe Limitedを通じて、スマートフォンゲーム「Angry Birds」などを手掛けるフィンランドのRovio Entertainment Oyjを買収すると発表した。買収総額は約1037億円。(2023/4/17)

GIS:
3D海底地形データと沖縄発のGPS端末で海難事故の救助活動を実証、パスコとクアドラプランニング
パスコとクアドラプランニングは、両社が培ってきた専門技術である詳細な3次元海底地形データと沖縄で開発されたGPS端末を活用した実証実験に着手した。実施場所は、サンゴ礁があり、マリンレジャーが盛んな沖縄県座間味島沿岸部で、さまざまな状況を想定して行った。(2023/3/31)

今に生きる「Winny」の技術 総務省も採択、天才プログラマー・金子勇さんが遺したもの
ファイル共有ソフト「Winny」開発者・金子勇さんの逮捕によって、日本のP2P技術は大きく後れを取ったと言われている。だが、そう悔やんで終わらせて、本当にいいのだろうか。実は、Winnyの血を受け継いだ技術が災害対策やスマート工場などに適用され始めている。(2023/3/30)

製造マネジメント インタビュー:
「誰でも簡単IoT」を目指すifLinkの現在地、いよいよ商用化を加速
「誰でも簡単にIoT(モノのインターネット)が使える世界」を目指すifLinkオープンコミュニティだが、その現在地はどうなっているのだろうか。代表理事を務める岡田俊輔氏に話を聞いた。(2023/3/30)

イノベーションのレシピ:
Wi-Fiによるセンサーレスの位置測定研究が活発化、通信サービスに付加価値を
NTTドコモは同社の最新技術や研究成果を展示する「docomo Open House'23」を開催中だ。本稿ではWi-Fiなどの無線通信による位置センシング技術の展示を取り上げる。(2023/2/3)

モビリティサービス:
海老名駅周辺のデジタルツインを拡大、東大ソフトバンク小田急で
東京大学とソフトバンク、小田急電鉄は2023年1月17日、「次世代AI都市シミュレーター」の実証エリアを拡大したと発表した。(2023/1/19)

Hamee、新キッズスマホ「Hamic MIELS」発表 電池が切れても居場所を検知可能
Hameeは、1月17日にキッズスマホ「Hamic MIELS」の先行クラウドファンディングを開始。電池切れでも一定期間動作するビーコンを内蔵し、端末同士での互いの見守りや、専用アプリを使った地域住民での見守りも可能とする。(2023/1/17)

Innovative Tech:
Wi-Fi機器の充電を急速に“ゼロ”にするサイバー攻撃 150m離れた場所からスマホや監視カメラを無効に
米スタンフォード大学、米UCLA、カナダのウォータールー大学に所属する研究者らは、Wi-Fi機器に偽のデータパケットを継続的に送信することで、その機器の充電を急速に低下させる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/1/16)

ITワード365:
【クイズ】「HTMLメールなどに見えない画像などを配置することで、アクセス解析などを行う仕組み……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/1/12)

IoTで生産プロセスを変革:
PR:ヤマハが進める楽器工場のスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
製造業にとって、モノづくりの継続的な進化は永遠のテーマだ。その中で、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め成果を生み出しつつあるのが、楽器大手メーカーのヤマハである。同社のスマートファクトリー化への取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションについて紹介する。(2023/1/6)

GPSやカメラで人流解析:
御堂筋の歩道を広げてベンチを設置 人の動きはどうなったのか
梅田と難波を結ぶメインストリート「御堂筋」では、2017年からスマートストリート化を掲げた社会実験「御堂筋チャレンジ」が行われている。6車線のうち2車線をつぶして歩道に。GPSやカメラで人流解析をしたところ、どんな変化が見られたのか。(2023/1/5)

ITワード365:
【クイズ】「人流調査などで使用される、一定の間隔で無線信号を発する装置の総称……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/1/5)

海で使うIT:
衛星通信に対応した「iPhone 14」が使い物になる条件とは? 海上での「緊急通報」を考える
2022年のiPhone新モデルといえば「衛星緊急通報」が注目を集めた……のだが、日本では利用できないこともあり「衛星通信」という側面に強く注目が集まった。しかし、衛星通信を使った緊急通報機能は、既に利用できるものがある。「海難における連絡手段」としてどうなのか、という点に焦点を当てて、メリットを考えてみようと思う。(2022/12/27)

AR:
現場の作業ステータスを解析する手法を共同で研究、Cellidと大林組
Cellidは、大林組とともに、大林組の建設現場で、Cellid独自の空間認識技術「Cellid SLAM」を用いて、現場の作業ステータスを解析する手法を共同で研究し、開発する共同研究契約を締結した。(2022/12/16)

応援広告も:
待合番号と広告が掲出される「スシロー」のデジタルサイネージ どのように運用しているのか
各企業でリテールメディアに参入する動きが強まっている。2021年にはファミマが参入し話題となった。大手回転寿司チェーンのスシローではどのように運営されているのか。(2022/12/15)

位置情報とカメラを活用:
転倒、お昼寝中のうつ伏せ…… 保育園の危険を察知するハイテク腕時計の正体
「ワンオペ」や保育園で子どもを見守るサービス「ID-Watchy」が注目を集めている。位置情報とネットワークカメラによる映像データを組み合わせ、人の動きや状態を可視化。実証実験では、さまざまな危険を回避するに至ったという。(2022/11/28)

新たなビジネスモデル:
クライアントが広告業界の脅威に!? ファミマも参入した「リテールメディア」の破壊力
小売業がメディアを生み出し広告収益へとつなげていく動きが強まっている。米国のアマゾンやウォルマートが先行している。日本でもファミマが参入するなど、勢いが強まっている。(2022/11/30)

Innovative Tech:
ドローンで上空から家の中をサイバー攻撃 壁越しに屋内のWi-Fi対応全機器を追跡
カナダのUniversity of Waterlooと米University of Illinois Urbana-Champaignによる研究チームは、上空のドローンからWi-Fiを利用して壁越しに屋内を攻撃する手法を提案した研究報告を発表した。(2022/11/14)

Microsoft Ignite Spotlight on Japanレポート:
Microsoft沼本氏×ソニーグループ小寺氏 両社の協業が生み出す新たな価値とは?
日本マイクロソフト主催のカンファレンス「Microsoft Ignite Spotlight on Japan」で、ソニーグループの小寺 剛氏が、グローバルに拠点を持つ同グループにおけるDX推進の取り組みと、Microsoftとの協業で生まれたクリエイティビティを紹介した。(2022/10/19)

CEATEC 2022:
シャープの屋内光発電デバイスがCEATEC AWARDを受賞、液晶設備の共用で低価格化
シャープは、「CEATEC 2022」(2022年10月18〜21日、千葉県・幕張メッセ)の開幕前日であるメディアデーにおいて、「CEATEC AWARD 2022」の「経済産業大臣賞」を受賞した屋内光発電デバイス「LC-LH(Liquid and Crystal Light Harvesting)」をアピールした。(2022/10/18)

導入事例:
乃村工藝社が新本社にタスク&アンビエント照明を導入、消費電力を53.8%削減
パナソニック エレクトリックワークス社は、東京都港区台場2丁目に位置する乃村工藝社本社のクリエイティブ執務フロアに52台のタスク&アンビエント照明を導入した。クリエイティブ執務フロアでは、システム天井の照明を消灯し、52台のタスク&アンビエント照明を点灯して運用しており、システム天井の照明を使用していた時と比較して、53.8%の消費電力を削減した。(2022/10/18)

Japan Drone2022:
フェイルセーフ機能拡張や遺失ドローンの捜索が可能に、NESが開発を進める「高可用性ドローン基盤」
NECソリューションイノベータは、長年にわたりサーバ上で稼働する高可用性クラスタリングソフトウェアの開発を行ってきた。最近では、ソフトウェア開発で培った技術をドローンの運用にも応用することを試みている。(2022/10/13)

PR:膨大な行動データを CX 向上に生かす、Google Cloud を基盤にした“最良の組み合わせ” 先進 SaaS 企業で生まれたサービスとは
(2022/10/13)

暗号資産の“電力問題”を解決? イーサリアム最大のアップデート「The Merge」を徹底解説
ビットコインに次いで世界2位の時価総額を持つ暗号資産「イーサリアム」に、大型アップデート「The Merge」が実装された。ブロックチェーン業界にどういう影響をもたらすのか。Gincoの森下真敬CTOが解説する。(2022/9/30)

イーサリアムでよく聞く「The Merge」 これさえ読めば基本が分かる
イーサリアムの大型アップデート「The Merge」が近日中に実行される予定だ。本稿では「イーサリアムの基本」「イーサリアムが抱えていた課題」「The Mergeで起こる変化」を解説する。(2022/9/13)

製造業IoT:
Bluetoothデバイス向けのIoTゲートウェイを発売
obnizは、IoTゲートウェイ「obniz BLE/Wi-Fi Gateway Gen2.0」を発売した。短期間、低コストでBluetoothデバイスのデータ収集やIoTサービスへの連携ができる。(2022/9/12)

組み込み開発ニュース:
低照度下で発信可能なソーラーパワー型ビーコン、光が当たらなくても3カ月動作
セイコーインスツルは、工場や倉庫などの低照度下でも発信できるソーラーパワー型ビーコン「T-WA20」を開発した。80ルクス以上の明るさがあれば1秒1回の周期で発信し続け、フル充電すれば、一切光が当たらない環境でも約3カ月間使用できる。(2022/9/9)

オフィス探訪:
会社にいながら瞑想体験 従業員の“好み”を追加したNTTグループの「実験オフィス」
NTTアーバンソリューションズなどが、アフターコロナ時代の“働き方”を考えた実験的ライブオフィス「未来のオフィス 4×SCENE」を開設した。その正体とは?(2022/8/24)

北海道電力がMRを活用した巡視点検アプリケーションを使用開始 導入に至ったワケ
「熟練の技術を若手に継承したいが十分な時間がない」などの課題を持つ企業は多い。技術的な分野では知識に加え、経験によってもたらされる「嗅覚」のようなものも重要だ。北海道電力は、これら「伝承作業」を支援するサービスの利用を開始した。(2022/8/1)

ロボットセキュリティ最前線(5):
ロボット運用に最適なフィジカルセキュリティの考え方
ロボットの利用領域拡大が進む一方で、ネットワーク化が進むこれらのロボットのセキュリティ対策については十分に検討されているとはいえない状況だ。本連載ではこうしたロボットセキュリティの最前線を取り上げてきた。第5回となる今回は「既にできている」と考えられて見過ごされがちなフィジカルセキュリティの考え方について紹介する。(2022/7/25)

ショールーミング店舗「&found」:
家電を“レンタルできる”店舗 エキュート上野に限定オープン
JR東日本クロスステーションデベロップメントカンパニーは、大日本印刷(DNP)と協業し、エキュート上野内にショールーミング店舗「&found」を期間限定でオープンする。(2022/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。