連載
» 2019年01月17日 08時00分 公開

ディルバート(588):ハッキリ言わない人たち

物事をハッキリ言わない人って、コミュニケーションが取りづらくて、イライラするもの。そんな部下に、「ハッキリ聞こえるように話してもらう策」を思い付いたはずのディルバートでしたが……

[スコット・アダムス,ITmedia]

費用の見積もりについて、アリスから聞いているかい?

(ボソボソ)


聞こえないよ

(ボソボソ!!)


声を大きくしただけじゃないか

(ボソボソ)


じゃあ、ボソボソ言うときにこっち向いてよ。君の口の動きを読むから


(ボソボソ)


ぶどう、フロントガラス、ぜんそく、あと、ブロックチェーンがどうとかって読めるな


そんなこと言ってませんよ


はいきた、その文章なら分かる。同じように質問に答えてよ

(ボソボソ)


  


 腹が立ったからといって、ここは「今の若者は……」なんてつぶやいて、おじさん、おばさん扱いされないように気をつけましょう!?

 “mumble”は「ボソボソ、ブツブツ言う」ことです。

 同じ意味を表わす言葉に“mutter”がありますが、こちらは「不平不満を小声で言う」ときに使います。例えば、“'I want to go home,' she muttered.”(彼女は「もう家に帰りたい」とつぶやいた)とか、“That old man is always muttering to himself.”(あの老人はいつもブツブツ独り言を言っている)などと言います。

 また「つぶやき」「ささやき」のことを“murmur”と言いますが、こちらは“mutter”と異なり、不満を言うときに使うとは限りません。つまり、“She murmured, 'I love you'.”(彼女は「愛している」とつぶやいた)とは言いますが、“She mumbled/muttered, 'I love you'.”というと「無理やり『愛している』と言わされた」というニュアンスになるので、間違ってもパートナーのことを表現するときに使わないように!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -