連載
» 2005年09月23日 12時00分 公開

The Rational Edge:ルネサンスの巨匠たちに学ぶエンジニアリングの技

The Rational Edgeより:このコラムでは、ルネサンスの偉大な芸術家たちの作品に対するアプローチと、偉大なソフトウェア開発者たちのアプローチをGary Polliceが比較する。

[Gary Pollice(ワーチェスター工芸研究所業務学教授),@IT]
歴史とは、実例を用いた哲学教育である--ディオニュシオス

 筆者は、妻と一緒にイタリアを巡る18日間の小旅行から戻ったばかりだ。今回の旅は研究に追われる日常の良い息抜きになったし、うるさく呼び掛けるコンピュータの前に座らずに考える時間を持つこともできた。

 絵画、彫刻、建築の壮大な傑作を夫婦で見ていくうちに、筆者は何かいつも見慣れたものを見ている感じを抱くようになった。筆者は、約2000年前のベスビオ火山の噴火によって地中に埋没した古代の街の残骸の中をさまよいながら、構築物の高度な設計や実用性に畏敬の念を抱いた。そして、これらの過去の業績と今日の優れたソフトウェアシステム、すなわち複雑な問題に対するソリューションのスタイル、構造、そして簡潔な表現を尊敬せずにはいられない「傑作」との間に強力なつながりがあることを悟った。このようなシステムは誰でも目にしたことがある。中には、その開発に運良く何度か携わった方もいるだろう。

 これらの作品と過去の巨匠を比較したのは筆者が最初ではない。ピート・マクブリーンはその優れた著書である「ソフトウェア職人気質」(ピアソンエデュケーション)の中で、物作りに対して異なる役割を持つ名匠、熟練労働者、あるいは見習いに分類して開発者と中世のギルドの職人を比較している。この例えは、それなりに優れたものだが、過去と現在の熟練工の間には、もっと深いつながりがあると思う。今月は、そのことについて述べる。

◆ 多次元知識

 西欧のルネサンスの時代、ミケランジェロのような巨匠は、絵画や彫刻といった1つの作品の枠を超越した広く深い知識を持っていた。彼らは建築にも長じている場合が多く、設計の美的側面と技術的側面の両面を理解していた。「ルネサンス的教養」を持つ第一人者であるレオナルド・ダ・ヴィンチは、芸術家、科学者、建築家、武器職人など、さまざまな顔を持っていた。システィナ礼拝堂の壁画を描いたミケランジェロは、そのドームの設計までしている。この建造物の完成はミケランジェロの死後(ベルニーニなどの巨匠が彼の設計を引き継いだ)になったが、これは芸術、建築、エンジニアリングの分野におけるミケランジェロの優れた才能を示す素晴らしい例だ。

 これらのルネサンスの巨匠たちにとって、1つの技能を修得するということはその基本原理を学習し、それをたゆまず応用し続けることを意味した。そうすることで、そこから最終的な発展および改善が可能になった。生来の才能も重要だが、努力がなければそれも光らないのだ。トーマス・エジソンは、「天才は1%のひらめきと99%の努力のたまものである」という言葉を残している。

 現代では、Knuth、Booch、Thompson、Ritchie、Jacobson、Parnas、Beck、Fowler、Rumbaugh、Wirth、そしてMartinといった偉大なソフトウェアエンジニアやコンピュータ科学者の名前が頭に浮かぶ。彼らもまず基本原則から学習し、そこから最適な動きを理解できるまで、詳細に十分注意しながらこれらを応用していった。彼らの多くは、ソフトウェアだけでなくハードウェアアーキテクチャ(オリジナルのRational Adaコンピュータシステムはご記憶か?)、各種科学や数学(Knuthの著書をご覧いただければ分かる)、そして心理学といった社会行動科学も学んでいる。彼らにとっては、この異種学問の交流が、ユニークで素晴らしく、往々にしてウソのようにシンプルなアイデアの着想につながった。

 XPやRational Unified Process(RUP)などの方法論は一見直感的に見える。だが、これらの生みの親たちは、最も簡単に思える部分でさえも、さまざまな経験に基づいて慎重に引き出しており、特定の目的をそれぞれに持たせている。

 偉大な芸術作品同様、各パーツは巧妙に影響し合って見事な全体像(先の例の場合は、効率的なソフトウェア開発の優れた描写)を作り出している。

◆ 目的のための創作

 はるか以前から、ミケランジェロをはじめとする多くの偉大な芸術家たちは、委託されて作品を制作してきた。彼らが対価を得て仕事を続けるためには、顧客(パトロン)を満足させなくてはならなかった。大抵はうまくいったが、顕著な例外もあった。例えば、ミケランジェロが家族の思い出にと制作した彫像を見せると、ロレンツォ・メディチはこれが故人に全く似ていない、と文句を付けた。作品に自信のあったミケランジェロは、その千年後に結果を示して見せた。いまとなっては誰にも顔の違いは分からない。

 ミケランジェロが目的を持って芸術作品を生み出したのと同じように、われわれも目的を持って(大抵はお金を払ってくれる顧客のために)ソフトウェアを開発している。作業の内容が確定し、金額で合意して初めて本格的な設計が始まることになる。一方、ルネサンスの巨匠たちは、まず自分の作品の下絵を描くか、巨大な彫刻や建物の場合は模型を作成する。彼らは「製品版」の作成に取り掛かる前に、予期せぬ事態が起こらないよう確実を期していた。肩が重さに耐えられず、彫像の腕が落ちてしまったら一大事である。筆者は、多くの彫像で美観を損なう支持物(supports)が見えていることに驚いた。だが、ミケランジェロのダビデ像にはそれがなかった。この傑作には支持物が一切ない。余分なものは1つもない。すべてが目的を持って存在しているのだ。

 一部の優れたソフトウェアシステムにも同じことがいえる。筆者は光栄にも、権威と呼ばれる多くの開発者と一緒に仕事をする機会があった。彼らは、プロジェクトの最初から最終的なシステムをイメージすることができる。モデルが着ている衣服のひだを確実に再現したルネサンスの彫刻家と同じように、これらの開発者も、洗練されたデザインの効率的なシステムにつながるクリーンで正確なモデルを作ることに対して細心の注意を払っていた。このようなシステムでは、どの機能にも明確な目的があり、適切なサポートが施されている。

◆ 人とプロセスとツールのバランス

 過去の記事を読んだり、講演を聞いたことのある方なら、筆者が人、プロセス、ツールの3つの軸を用いてソフトウェア開発を考えていることはご存じだろう。人が(定義が正式なものであろうとなかろうと)プロセスに従って作業を進め、ツールがプロセスと人の両方をサポートする。これら3つの軸は、中世、古代、そしてそれ以前から作業を定義してきた。

・人

 お分かりだと思うが、世界の偉大な絵画の多くはチーム作業の成果だ。師匠がデザインを描き、重要な部分を塗る。そして、熟練労働者や見習いが残りの作業を分担した。

 これらのプロジェクトでは、効率的な管理が非常に重要だった。師匠たちは職人を雇わなければ多くの作品を生み出せないことを理解していたが、請求する「有名料」に見合った価値をパトロンが作品から見いだせるよう、その品質を監視する必要があった。

 ソフトウェアの開発も「団体競技」だ。1人がビジョンを描き、設計を引き受けても、システムを生み出すためには大勢の力が必要だ。デザイン全体を台無しにしてしまうのではないかと恐れるあまり、優秀な開発者がチームの一員としてはうまく機能しなかった例は多い。ティツィアーノやカラヴァッジオなどの芸術作品を見れば、有能なチームと一緒に作業することの価値を理解するのに役立つかもしれない。

・プロセス

 美術工芸の世界で素材に命を吹き込むためには、それぞれ異なる技術が要求される。絵を描くにも、水彩画と油彩画では異なるのと同じ理屈だ。しかも、その制作プロセスまでが異なってくる。われわれが訪れたフィレンツェのあるギャラリーでは、金箔の葉が付いた木片に描かれた中世期後半の絵を展示していた。その展示には、メッキの詳しい工程が書かれており、わずかでもズレが生じると作品が破綻してしまうとの説明があった。もちろん、芸術作品すべてがここまでの精度を要求するわけではない。時には制作工程がかなりいいかげんな場合もある。ソフトウェア開発にもこれと同じようなことが当てはまる。工程の精度は、開発している製品の種類によって異なってくるのだ。

・ツール

 ことツールに関しては、彫刻とソフトウェアの例えは分かりやすい。巨大な白大理石を前にして、そこら辺に落ちている古ぼけたノミでそれを削り始めることは絶対にない。傑作を作り出すためには、適切なツールが必要だ。それは、高価なカスタムアプリケーションも同じだ。複雑になればなるほど、望ましい結果を出すためにはツールの品質も上げる必要がある。

 人材、プロセス、そしてツールを一致団結させて完ぺきに機能させたいなら、ミラノからほど近いクレモナを訪れてみると良いだろう。この町は、偉大なバイオリンメーカーであるストラディバリウスとアマティ家のお膝元で、ここには現在も100社以上のメーカーが存在している。ある工房では、職人たちが木材を切ったり、ヤスリやワックスをかけたり、接着やチューニングを行う作業を見ることができた。熟練工が見せた配慮や専門知識には驚かされるものがあり、これらの工房の作業環境は数百年の間ほとんど変わっていないように思える。ツールは同じで、工場には製造ラインもない。この訪問は、時間をかけてソフトウェアを手作りするという、筆者がほとんど経験したことのないことを思い出させてくれた。筆者がソフトウェアの仕事を続けられている最も大きな理由の1つは、このような作業をしていたころを思い出してコードを修正するときに感じるプライドだ。

◆ 細部への気配り

 偉大なルネサンスの芸術家たちは、原材料にうるさかった。ダビデ像の制作に必要な完璧な白大理石を見つけるため、ミケランジェロはカッラーラにまで出掛けていった。妻と一緒に地中海へ抜ける途中ここに立ち寄った筆者は、彼と同じ道を歩いて畏怖の念を抱いた。そして、偉大な作品を作り出すには常に細部に気を配る必要があることを考えさせられた。最高の材料を選ぶだけではなく、適切なツールを選択し、適切な人材を集めてチームを編成し、作業のあらゆる面に配慮する必要がある。細部の重要性を理解し、そこに愛情を込め、時間をかけて対処するのが、本当に偉大な芸術家、科学者、ソフトウェア開発者、そして(あらゆる分野の)巨匠と呼ばれる人々だ。

◆ 歴史から学ぶ

 日々の仕事の手を休め、筆者のように世界有数の過去の傑作を見て回ることをぜひお勧めする。それが古代のものであろうと現代のものであろうと、そこから何か学び、反映させる価値のあるものが見つかるだろう。時間を作って、われわれより前の時代に作られた作品の中を歩き回り、その歴史がささやいてくれる教訓に耳を傾けてみるのはいかがだろう。市場のプレッシャーや、複雑化し続ける技術など、われわれが名作ソフトウェアを生み出すのに必要な時間を作るチャンスは少なくなった。われわれは必要に迫られて、間に合わせ的なソフトウェアを開発している。しかし、絶望することはない。芸術と呼ぶにふさわしい作品を生み出す絶好のチャンスは来る。筆者は読者がそのチャンスを認識し、それを最大限に活用できることを願っている。


本記事は「The Rational Edge」に掲載された「Great art and the craft of software development」をアットマーク・アイティが翻訳したものです。

「The Rational Edge」バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ