ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「24時間テレビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「24時間テレビ」に関する情報が集まったページです。

上映時間7時間18分の映画「サタンタンゴ」を見ると人間は「サタンタンゴを見た状態」になれるという話
7時間18分にしてわずかに約150カット。驚異の長回しで描く「人生」の映画とその体験です。(2019/10/12)

ブルゾンちえみ、金田正一さんを追悼 2年前にも2ショット、24時間テレビランナー決定に「めちゃくちゃ喜んでた」
ブルゾンさんのブレイク前からの仲だったとのこと。(2019/10/7)

「あの走りに感動」 水川あさみ、「24時間テレビ」でランナー務めたハリセン近藤を“ヒレ飯”でねぎらい
ヒレ飯が気になる。(2019/9/5)

スピン経済の歩き方:
なぜファミマの社会貢献は「24時間テレビ」のように見えるのか
ファミリーマートの「ファミマこども食堂」をめぐって、激しいディスり合いが行われた。「売名行為だ」と批判の声もあれば、「悪いことだと思わない」といった意見も。企業の社会貢献で叩かれるケースと、そうでないケースはどのような違いがあるのか。(2019/2/19)

「部長とはるたんの絡みにしか見えない〜っ」 田中圭&吉田鋼太郎、熱いハグでファンの“おっさんずラブロス”を癒やす
よみがえる「おっさんずラブ」。(2018/12/16)

ウリナリ懐かしい! ウド鈴木&藤崎奈々子の“社交ダンス部”ペアショットが思い出を呼び覚ます
ウリナリ好きだったなあ……。(2018/11/28)

「おっさんずラブ」ロスしてる場合じゃない露出の多さ! 絶賛大ブレイク中、田中圭の「3つの魅力」
「田中圭の沼」においでよ……。(2018/9/27)

みやぞん、トライアスロン完走後初のインスタ更新 感謝忘れない“神対応”に「号泣しました」「感動」の声
どんな状況でも良い人。(2018/8/28)

スピン経済の歩き方:
マスコミの「感動をありがとう!」が、実はとってもヤバい理由
「感動をありがとう!」の大合唱が日本中に溢れている。『24時間テレビ』で、みやぞんのトライアスロンに心が打たれた人も多いだろう。甲子園で、1人のエースが881球を投げたことに勇気をもらった人もたくさんいるだろう。こうしたムードに対して、筆者の窪田氏は違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/8/28)

たんぽぽ川村、2ショット写真をデコって相方・白鳥を祝福 ネットではコンビ愛に称賛の声
自分のことのように喜ぶ川村さん。(2018/8/27)

ブルゾンちえみ、「全日本ブラインドダンス選手権」優勝に感謝 ペア男性との2ショットも
ペアの男性に対してもリスペクトする言葉をつづっています。(2018/8/27)

ポケットビスケッツが「24時間テレビ」で一夜限りの復活! 千秋が練習動画を公開、ウッチャンは手が震え……
人気曲の「YELLOW YELLOW HAPPY」「POWER」でみやぞんさんにエールを送りました。(2018/8/26)

涙のプロポーズが懐かしい! 宮地真緒、幸せいっぱいのフォトウエディングで理想の花嫁になる
いい笑顔だ!(2018/4/29)

広瀬すず、菅田将暉、星野源…… 2017年にTwitterで話題になった役者たち
新垣結衣さんやブルゾンちえみさんらも。(2017/12/5)

宮地真緒、14年間交際の男性と結婚 「セーラームーン」の婚姻届とともに報告
ブレない宮地さん。(2017/11/23)

変わってなくない? 小1のブルゾンちえみ、髪形も笑顔も「そのまんま」だと反響
このときから既にブルゾンちえみ。(2017/11/20)

「クールなデビルウーマン」 ブルゾンちえみ&コシノジュンコ、前衛的な双子コーデが攻めすぎ
さらに進化を遂げてきた2人。(2017/9/26)

「本当の親子みたい」 ブルゾン&コシノママの2ショットが“母と帰省した娘”にしか見えない
実家かな?(2017/9/11)

コシノ“ママ”の粋な計らい! ブルゾンちえみ、マラソン完走後にお手製ゴールテープのサプライズ
マラソン完走をコシノジュンコ、金田正一が祝福。(2017/8/30)

「24時間テレビ」マラソンランナーを追う「24時間マラソン追跡団」はどんな人たち? メンバーに聞いてみた
結成のきっかけや24時間テレビのスタッフとの交流について聞きました。(2017/8/29)

ガチのファッションモンスターだ! おかずクラブ、きゃりー風のハロウィーン衣装が怪物かわいい
オカリナさんのネコミミっ子いいな。(2017/8/29)

ブルゾンちえみ、マラソン後の体重にびっくり! 「逆におそろしいんですけどー!」
「変わってないんかーい!」(ブルゾンさん)。(2017/8/29)

マラソン完走のブルゾンちえみ、写真とともに思いを告白 「素直にありのまま言葉で」
崩れないメークにも注目が集まっています。(2017/8/28)

宮地真緒、プロポーズから一夜明け「素直に、嬉しい」 13年前の熱愛スクープは 「未だ反省」
素の反応の宮地さんかわいかった。(2017/8/28)

誰だか分からん! みやぞん、ざわちんのものまねメークで宮廷のお姫様に変身する
ざわちん……恐ろしい子。(2017/8/28)

「Good luck Chiemi」 オースティン・マホーン、マラソン挑戦のブルゾンちえみにエール
これは完走するしかない。(2017/8/27)

24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声
ぜん息は死亡例もある病気。(2017/8/27)

今年の「24時間テレビ」メインパーソナリティーは櫻井・亀梨・小山の3人に
「嵐にしやがれ」スペシャル内で発表された。(2017/4/15)

「性差別的」と批判を浴びた「おっぱい募金」、今年はAV男優の胸も揉める仕様に
昨年は企画内容に批判が集まっていましたが……。(2016/9/27)

24時間テレビ富士登山企画で虐待疑惑? 日テレは「感極まっての行動」と説明
少年は無事に下山しており、体調も良好とのこと。(2016/8/30)

24時間テレビの裏で「障害者=感動」に問題提起 ネットで議論呼んだ「バリバラ」生討論、9月2日に再放送
生放送後にスタジオで行われた討論も、後日ネットで公開!(2016/8/29)

24時間テレビのドラマ、高畑容疑者の代役にNEWS小山さん
小山さんを代役に撮り直しとなります。(2016/8/25)

俳優・高畑裕太、女性に性的暴行の疑いで逮捕の報道に波紋広がる
母親の高畑敦子さんを心配する声も。(2016/8/23)

フジテレビはどうして「自己満足」から抜け出せないのか?
アニメを充実させればいいんだよ(暴論)。連載「ネットは1日25時間」。(2016/8/20)

「障害者=感動、勇気をくれる」はおかしい? NHKが「24時間テレビ」放送日に生放送で討論番組
「24時間テレビ」のフィナーレに合わせたとする予想も。(2016/8/1)

林家たい平、「24時間テレビ」マラソンに向け第一歩 ウェア&シューズは“オレンジ”で統一
ブログで意気込みをつづっています。(2016/5/30)

「24時間テレビ」のマラソンランナーに林家たい平さん 「笑点」で発表
「笑点」大喜利の新メンバーは林家三平さん。(2016/5/29)

コンテンツは質より量? 24時間テレビは「感動わんこそば」だ
地球を救う「愛」もだいぶおやすくなりました。連載「ネットは1日25時間」。(2016/4/24)

「AbemaTV」(アベマTV)、なぜ「AmebaTV」じゃないの? 藤田社長「正直言って、半分くらい後悔」
「AbemaTV」、なぜ「AmebaTV」じゃないの?――サイバーエージェントとテレビ朝日のインターネットテレビ局「AbemaTV」のサービス名の謎に藤田晋社長がブログで答えた。(2016/4/13)

今年の「24時間テレビ」メインパーソナリティーは「NEWS」に 2009年以来2度目
「人生が変わる1分間の深イイ話」2時間SPで発表された。(2016/3/28)

賛否両論の「おっぱい募金」 ネットで終了を求める署名活動はじまる 「偽善的で、性差別的なイベント」と批判
「募金は本来、支援先に共感してお金を出してもらうもの」と主張。(2015/12/13)

見てない、見てないよ! さまざまな誘惑を我慢して目を閉じ続ける「見ないおっぱい募金」が別の意味で高難易度
痴漢えん罪に合った気分だ!(2015/11/25)

待たせたな兄弟! 「24時間テレビ エロは地球を救う!」が今年も開催 毎年恒例の「おっぱい募金」もあるぞ!
真面目なチャリティーイベントです。(2015/11/25)

テレビ離れ世代をつかめる? 日テレ、ネット限定で“24時間テレビ” 新人女子アナ司会番組にアニメ全話配信も
日本テレビは9月20日午前1時から、24時間のネット番組を同社サイトなどで配信する。「スマホやタブレットで十分という人たち」向けにネットでしかできない番組を放送する試みだ。(2015/9/16)

DAIGOが挑戦する「超長距離マラソン」 世界最長は?
(2015/5/28)

Xbox One 24時間テレビ:
マイクロソフト、秋葉原でXbox One発売前日から24時間イベントを開催
いよいよ国内発売が迫ってきたXbox One。マイクロソフトは秋葉原で発売前日から24時間連続イベントを開催する。(2014/9/2)

窪田順生の時事日想:
「アイスバケツチャレンジ」にある種の「いかがわしさ」を感じてしまう理由
先日放送された『24時間テレビ』の平均視聴率は、歴代6位の17.3%――。「アイスバケツチャレンジ」に挑戦した人の姿が、次々にネット上にアップ――。こうした“善意”に違和感を覚える人も少なくないのでは。その理由は……。(2014/9/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
成功者になれる人にしか理解できない!? プラスの現実逃避
現実逃避とは「やけ酒」や「ギャンブル」のようにマイナスのものではない。あらゆるストレスや苦悩を吹き飛ばす強力なパワーをもつ、常識を超えたプラスの現実逃避術とは。(2014/7/31)

「手塚治虫アニメキャラクター設定画集」発売 視聴率28%記録した「100万年地球の旅 バンダーブック」など収録
「24時間テレビ」で放送された一連のシリーズより、手塚さん自身がキャラクター設定を手がけたものだけを集めました。(2014/2/26)

オルタナブログはどうだった?(8/30〜9/5):
インド人、うそつかない
あなたは神を信じますか? 私はカレーを信じます。(2012/9/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。